これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 本当のことを知っておきたい母乳育児の注意点 » 薬の服用

薬の服用

授乳中に飲んでもよいお薬、飲んではいけないお薬についてまとめています。薬を服用することで母乳や赤ちゃんに与える影響を解説します。

薬の成分は母乳中に移行してしまう!

ママが病気などにかかり、薬を飲みたいと思った時、やはり母乳への影響が気になると思います。

昔は「薬=授乳中止」という考え方が一般的で、薬を飲むということで低月齢でも断乳をすすめられたことがほとんどだったようです。今でもそういう考え方のお医者さんもいます。

しかし、母乳を止めたくないからと言って、病気になっても薬を全く飲まないというのも、症状によっては体の辛さが治まらなかったり、病気が長引いたり悪化してしまったりするおそれもあります。

小児専門の病院として有名な国立成育医療センターの発表では、

と言われています。

ですので、薬を飲むからと言って絶対に授乳を止めなければいけないというわけではないようです。体の調子が悪い際は、医師と相談の上、どのような薬を飲むのか考えることが大切です。

授乳中でもOKな薬って?

近年では、風邪薬や花粉症の薬などは、病院で授乳中ということを伝えれば、母乳に悪影響を及ぼさない、飲んでも心配のないお薬を処方してくれることも多くなっています。

このときにポイントなのが、産婦人科を受診することです。風邪などのちょっとした体調不良であれば近所の内科や耳鼻科にかかればいい、と思われるかもしれませんが、先生によっては授乳中の人にはお薬は出せません!という方もいます。

産婦人科の先生であれば、妊娠中や授乳中でも服用できる薬について詳しい場合が多いので、相談に乗ってもらえると思います。

また、どんなお薬が授乳中でも大丈夫なのか、飲んではいけないのかを知りたい場合は、ウェブサイトや信頼できる本などを参考にしてみてくださいね。

ただし、あくまでも参考にする程度にしてください。ウェブサイトや本に安心と書かれていても、その情報が間違っていたり、古かったりする場合があります。何度も言いますが、薬の服用は絶対に自分で判断せず、お医者さんの判断を仰ぎましょう。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング