これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 無理せず母乳育児でダイエットする方法 » ダイエットに効果的な理由

ダイエットに効果的な理由

母乳育児が産後ダイエットに効果的な理由を説明します。

母乳育児が痩せやすいという理由

母乳育児を行なったママが産後ダイエットに成功したという確率が高くなっています。それはなぜでしょうか?

赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、母体にはプロラクチンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは、子宮の収縮を促進する効果があるため、赤ちゃんが母乳を吸うことで、子宮が早期に回復し産前の身体に戻りやすくなります。

もし、産後に体形が崩れて悩んでいるのであれば、母乳育児を実践することをおすすめします。

もし、母乳が良く出ないというのであれば、食事療法を試したり、赤ちゃんにおっぱいを吸わせたりするなど、少しでも母乳の出が良くなるように努力してみると良いでしょう。

赤ちゃんに母乳を与える分だけカロリーを消費する

赤ちゃん イラスト妊娠中は赤ちゃんを保護するために脂肪が増えますが、母乳を与えることでその脂肪は乳脂肪となり、赤ちゃんに授乳されます。

完全母乳で育てると、母乳だけで1日に600~800キロカロリー消費します。

つまり、赤ちゃんが母乳をたくさん飲めば飲むほどたくさんのカロリーが消費されます。つまり、産後に赤ちゃんが母乳をたくさん飲んでくれるほど、体重が元に戻りやすいということです。

ただし、母乳を与え、カロリーが消費されると、身体はさらにエネルギーを蓄えるために空腹を覚えるようになります。

そのため、いつもより食欲旺盛になることもあるので、注意が必要です。その逆に、慣れない育児のせいで自分の食事がおろそかになってしまい、体重が減るケースもあるようです。

赤ちゃんに栄養のある母乳を飲ませるためには、ママがしっかり食事をしなければなりません。そのため、ダイエット目的で食事制限をしてしまうと、赤ちゃんにも十分な栄養を与えられません。

母乳育児の場合、通常は特別なことをしなくても自然に痩せることが可能ですので、ダイエットのことは気にしなくても大丈夫です。

ダイエットにも効果が期待できる
母乳育児をサポートしてくれるお茶ランキング

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング