これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 無理せず母乳育児でダイエットする方法 » 母乳育児で痩せない理由

母乳育児で痩せない理由

産後に母乳育児をすることはダイエット効果がありますが、なかなか痩せないケースもあります。その理由を説明します。

母乳育児をしているのに痩せないのはなぜ?

母乳育児の時期は実は太りやすい時期でもあるのです。母乳から赤ちゃんには500~700キロカロリーほど摂取させることができます。

このカロリーは激しい運動を行った時の消費カロリーと同様です。産後は脂肪が減りやすい時期であるため、赤ちゃんに母乳で栄養を与えることで痩せやすくなると言われています。

しかし、母乳育児を行っているにも関わらず産後ダイエットが上手くいかないケースもあります。

母乳を与えることで、母乳の分のカロリーは消費されるはずなのに、なぜ痩せないのでしょうか?母乳育児をしているにもかかわらず、痩せられない理由について見ていきます。

妊娠中は、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発になります。

この分泌物は赤ちゃんを育てるために必須のもので、脂肪が付いた女性らしい体型を形成する作用を持っています。産後3ヶ月ぐらいまでの間はプロゲステロンが多めに分泌されているため、このプロゲステロンの分泌が特に多い方は、産後に母乳で育てても体重が落ちにくいのです。

気づかぬうちに間食が多くなっているケースも

母乳育児の場合、ミルク育児に比べて1日当たり700キロカロリーも多く消費しています。しかし、母乳育児でカロリーを多く消費しているからといって間食などをしてしまうと、どうしても摂取カロリーが多くなり、太りやすくなります。

また、育児中は家にいる時間が長いため、口さびしくなることで、ついおやつをつまんでしまい、太ってしまったというママも多いようです。

家族にたくさん食べなさいと言われて

お姑さんや実の母親に「母乳育児をする場合、たくさん食べないといけない」と言われている方も多いのではないでしょうか。

そのため、たくさん食べるようにしていたために、胃が大きくなってしまうこともあります。

確かに、ママがしっかり食べなければ赤ちゃんに栄養がいかないので、食事をしっかりとることは大切です。

しかし、脂肪を摂りすぎると乳腺炎になり、おっぱいが硬くなって母乳が出にくくなることもあるので注意が必要です。

母乳育児をしながら痩せるには

和食中心の食生活を送り、油や糖分を控えめにすることが大切です。

また、水分不足になると母乳が出にくくなるので、水やお茶をたくさん飲むように心がけましょう。

健康的な食生活をすることで良質な母乳が出るようになり、赤ちゃんも母乳をたっぷり飲んでくれるようになります。

また、授乳の間隔が長くなると、母乳が出にくくなりますので、産後1ヶ月までの間は2~3時間置きに授乳するようにしてください。

赤ちゃんに母乳を吸わせるようにすることで、母乳がスムーズに出るようになります。

母乳育児だけでは痩せない?
ダイエットにもおすすめのお茶ランキング

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング