これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 母乳育児とミルク育児の違いを知ろう

母乳育児とミルク育児の違いを知ろう

母乳育児とミルク育児、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

母乳育児とミルク育児にはどのような違いがあるのか?

赤ちゃんが産まれたたら、母乳で育てた方が良いのか、ミルクを併用しても良いのか、悩みますよね?

最近では母乳育児が見直され、母乳で育てたいと考えているママが多くなってきています。

しかし、母乳が十分に出せずに悩んでいるママも少なくなく、ミルク育児をせざるを得ないケースもあります。少なくなってきたとはいえ、ミルク育児を非難する声はまだまだあります。

誤解してほしくはありませんが、ミルク育児が悪いというわけではありません。実際に母乳だけで育てているママは少数派で、多くの方は母乳とミルクを併用しています。母乳育児にこだわりすぎて、産後うつにでもなってしまったら元も子もありませんからね。

母乳育児とミルク育児は大きく異なり、それぞれに長所と短所があるのです。

以下のページでは母乳育児とミルクを併用するメリットやミルクだけで育てた育児で起こりうる弊害について紹介していきます。

ミルク育児のメリットは授乳量が明確に分かること、外出先でもミルクを与えることができること、薬を服用しているときに使用できる、ママの代わりにパパにでもできることでママの負担が減るなどです。

反対にデメリットは、おっぱいを直接与えるわけではないので赤ちゃんとのスキンシップが不足してしまうことや、粉ミルクで育った赤ちゃんは太りやすくなる、お金がかかってしまうことなどです。

この母乳育児とミルク育児についてしっかりした知識を身につけておけば、育児に対する不安が軽減され、自信を持って子育てができるようになります。

母乳育児にするのか、ミルク育児にするのか、併用するのか、最終的に判断するのは自分です。どれが正解ということはないので、母乳が十分に出ないからといって落胆せずに、ミルク育児のメリットも取り入れて、育児の負担を少しでも軽減していきましょう。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング