これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 母乳育児とミルク育児の違いを知ろう » 母乳育児じゃないとダメなのか?

母乳育児じゃないとダメなのか?

母乳育児じゃないとダメ?ミルク育児はダメ?などの疑問にお答えしていきます。

完全母乳で育てているママはごく少数派

授乳 イラスト母乳育児をしているママのことを高く評価する声は多いですが、実際には、母乳が思ったように出ないことで悩んでいるママが大半です。

中には母乳にこだわり過ぎて産後うつになるママもいます。親子ともども健康でいるには、ミルク育児のメリットも取り入れ、家族みんなが笑顔で過ごせることが大切です。

母乳育児に憧れるママはたくさんいます。病院でも完全母乳を勧める傾向にあるため、母乳が出ないママは母乳で育てられないことにかなりコンプレックスを抱くことになります。

実母や義母をはじめ、周囲の人が「母乳で育てないといけない」などとプレッシャーをかけることで、ママが産後うつになってしまったという話も良く耳にします。

また、医療従事者も「ミルクは太りやすくなるために母乳を与えてください」などと母乳が出ないママを傷つける発言をする傾向にあります。

しかし、母乳がたっぷり出るママは全体の4割にすぎません。そして3割の方が母乳とミルクの混合授乳残りの3割は母乳が全くでないとのことです。

近年は子供を他人に預けることを考え、母乳育児を続けていても、ミルクを時々与えている方もいます。

ミルクにもさまざまなメリットもありますので、ミルク育児であっても自信を持って子育てをするようにしてください。

ミルク育児にもメリットはたくさん!

ミルク育児の場合、ママに何かあった場合、赤ちゃんを預けやすいというメリットがあります。また、ミルクは腹持ちが良いため、赤ちゃんもぐっすり眠れます。

また、母体の状況によっては、母乳を与えることは危険で、ミルクのみで育てなければならないこともあるでしょう。

さらに、母乳が出ても、ミルクを足すケースも多くなっています。

特に母親が早めに社会復帰する場合、母乳が出ていても、ミルクを併用し、他人に預けやすくするケースもあります。

その他、赤ちゃんの病気、体重、おっぱいを上手く吸えないなど、といった理由でミルク育児をせざるを得ないこともありません。また、ママが仕事復帰した際、パパと育児分担をするのであれば、ミルクを足すことも良いことだと思います。

結局は楽に子育てできる方法を選ぶのが一番

ママと赤ちゃん イラスト母乳育児は理想の形と言われていますが、「母乳で育てなければならない」という風潮は母乳が十分に出ないママにとってはかなりのストレスになります。

「母乳がでない」ことで思いついてうつ状態になる方もいます。

特に、ストレスが原因で母乳が出ないという方も増えてきています。

出産時に大量出血した方、寝不足で疲れがたまっている方は、母乳をあげることがかなり辛いと思います。この場合、ミルクを足すことで、精神的にも肉体的にも楽に過ごせるようになります。

ママが元気に毎日を送るには授乳は楽しくなければいけません。

母乳が出れば、吸わせ、出なければミルクを与えると最初から割り切ることで、母子ともに健康に暮らせます。

母乳の出が良くなる?
授乳中のママにおすすめのお茶ランキング

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング