これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 母乳育児とミルク育児の違いを知ろう » ミルクだけの育児の弊害

ミルクだけの育児の弊害

ミルクのみで育てる場合のデメリットについて紹介します。

粉ミルクで育てるデメリット

赤ちゃんにミルクをあげることで、ミルクをたくさん飲むようになる、ミルクの量がはっきりわかる、などいくつかのメリットが得られますが、ミルクだけで育てることにはデメリットもあります。

どうしても母乳が出ない、赤ちゃんが母乳を吸えない、ママに病気があるため母乳を与えられないなど、さまざまな理由で粉ミルクのみで育てなければならないこともあります。

粉ミルクだけを与えることには以下のようなデメリットがあります。

そのため、粉ミルクだけで育てているママを非難する声も聞かれます。

実際には粉ミルク育児の方が手間がかかる

粉ミルクの容器に記載されている目安量は、実際には赤ちゃんにとって多めの量となっており、粉ミルクを飲む赤ちゃんは、乳吐きをしがちです。

母乳は簡単に与えることができるのですが、ミルクを作るには粉ミルクを用意し、哺乳瓶を温め、軟水を適度に温めるなど、かなりの手間がかかります。

世間では、粉ミルクのみで育児をしているママは楽をしているという見方をされがちですが、実際には粉ミルクで育てる方が手間がかかるのです。

特に、夜中の授乳時にミルクを準備したり、外出時にミルクを持参したりするのはとても大変な作業です。

スキンシップが最も大切

スキンシップ 家族 イラスト粉ミルクからは母体の免疫や抗体を受け取ることができません。

しかし、母乳で育てたいと切望していてもどうしてもそれが実現できないという方もいるでしょう。

ですが、各メーカーでは粉ミルクもどんどん改良しており、栄養素も豊富になってきています。

なにより粉ミルクで育てる際に大切なことは、赤ちゃんとのスキンシップを十分に図ることです。

哺乳瓶を加えさせれば、赤ちゃんは一人でミルクを飲めるかもしれません。しかし、哺乳瓶でミルクを与える場合でも、赤ちゃんを抱っこし、赤ちゃんに声をかけるなど、スキンシップを図りながら授乳するようにしましょう。

これにより、母乳育児に近い育て方ができ、ミルク育児のデメリットをある程度解消することができるのです。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング