これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 赤ちゃんを母乳育児したママの体験談 » 経験してわかった母乳育児の大切さ

経験してわかった母乳育児の大切さ

母乳で赤ちゃんを育てたママの成功体験談を紹介します。

アイコン ママ 苦労はあったけど母乳で育ててよかった

妊娠中から母乳が出始めていたのですが、特別なケアはしませんでした。

出産後、母乳の出が良く、搾乳して病院の冷蔵庫にも保管していました。しかし、産後2日目になると、乳首が張ってきて授乳が難しくなりました。

そこで、看護師さん達に毎日マッサージをしてもらったのですが、痛みが酷く、腕を上げることすらできなくなりました。

母は私のことを母乳で育てたため、私も母乳で子供を育てたいという思いが強くなりました。

退院後2週間で、授乳を再開しました。かなりの痛みがありましたが、子供のことを思い我慢しました。子供の1ヶ月健診後に乳首の痛みのことで助産院に相談しました。マッサージを受けて、母乳に関するアドバイスも受けながら母乳育児を続けました。

子供は1歳4ヶ月で卒乳しましたが、授乳風景の写真を撮っておいたので、時々それを見て懐かしい思いでいっぱいになります。母乳育児は今思えばとても良い経験になったと思います。ママが健康であれば、赤ちゃんにはママの温もりを伝えられる母乳をおすすめします。

ライン イラスト

アイコン ママ 最初は母乳が出なくて辛い思いをしたけど

私は赤ちゃんを母乳で育てたいと考えていました。初産であったせいか、最初は母乳があまり出なかったので、ミルクを足していました。

周囲のママたちが赤ちゃんにたっぷりの母乳をあげているのを見て非常につらい気持ちになりました。

退院する前に、助産婦さんから「時間に関係なく赤ちゃんが泣いたらおっぱいを吸わせるように」とのアドバイスをいただいたので、その通りにしました。

最初は母乳が十分に出なかったのですが、赤ちゃんにおっぱいを吸わせるようにしていたら、1ヶ月半後にはミルクを足さなくても赤ちゃんが満足するようになりました。

現在、子供は1歳3ヶ月ですが、母乳がまだ出ていて、美味しいと言いながら飲んでくれています。最初の頃は、乳首が痛みを感じましたが、現在は乳首が伸びるようになって楽に母乳をあげられるようになりました。

痛みを感じたり、母乳が出づらかったりなど、母乳育児をスムーズに始められなかったママも多いようです。

赤ちゃんが泣いたら、母乳を吸わせることで、母乳が出るようになることもあるため、根気よく吸わせることも大切です。赤ちゃんはママのぬくもりを求めているので、母乳が出なくても抱きしめて吸わせるようにするとよいでしょう。

そして、どうしても母乳が足りない場合は、ミルクを足してあげましょう。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング