これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 赤ちゃんを母乳育児したママの体験談 » 母乳トラブルをこうして乗り越えました

母乳トラブルをこうして乗り越えました

母乳で赤ちゃんを育てるうえで、さまざまなトラブルも付きまといますが、そんなトラブルを乗り越えたママたちの体験談を紹介しています。

産後にしこりを発見して

ママ悩み アイコン娘が10ヶ月の時に乳房に小さいしこりを発見しました。ほぐせば大丈夫だと思っていましたが、しこりはどんどん大きく、カチカチに固くなり、痛みまで出てきました。

これは産婦人科で見てもらうしかないと思いながら、ネットで調べてみたところ、「冷却シートやキャベツで冷やすと良い」や「赤ちゃんを抱きながら、違った角度から授乳する方法もある」と書いてありました。早速キャベツを試してみたところ、痛みが少々緩和されました。

そして、ラグビーボールを抱くようにして授乳をしたら、カチカチしたところが柔らかくなり、無事授乳できました。

乳腺炎を乗り越えて母乳育児を続けた3人のママの声

ママ悩み アイコン乳腺炎体質で油っぽいものを食べると乳腺が腫れました

産後2~3日でしこりを感じ、乳房が痛くなり母乳が詰まってしまいました。

すぐに産婦人科を受診し、乳房を揉みながら、しこりを絞ってもらいました。この時の痛みは半端ではなかったです。また、外科でも診察を受け、痛み止めと母乳をスムーズに出す薬を処方してもらいました。

ライン

ママ悩み アイコン甘いものや脂っこいものを食べたせいで乳腺炎になってしまいました

乳房はガチガチに固まり、しこりもできて、ちょっと触れただけでも激痛が走りました。ちょうどその頃、助産師さんの家庭訪問があり、乳腺炎のことで相談しました。赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうと良いとのアドバイスをいただきました。

また、さまざまな角度から抱っこして、いろいろな場所を吸ってもらうと乳腺のつまりを解消できるとのことでした。私の場合、熱も出てしまったのですが、熱がある場合、漢方の風邪薬を飲みながら、授乳を続けると良いとのことです。助産師さんのアドバイスのおかげで授乳を続けることができました。

ライン

ママ悩み アイコン乳腺が細かったけど母乳をあげ続けました

母乳で育てたいと思っていたのですが、乳腺が細かったので、母乳とミルクの併用で育てました。ミルクをあげると母乳を飲まなくなると言われていたので、出来るだけ母乳を優先していたのですが、乳房にしこりができ、母乳が出にくくなりました。

そこで助産師さんに診察してもらったところ、「それほど詰まりはない」「乳腺炎は起こしていない」と言われました。

乳腺が細かったのでしょうが、原因がはっきりしなかったので、気持ちが落ち込みました。それでも母乳をあげ続けたところ、離乳食の時期になって、赤ちゃんが母乳を飲み始めてくれました。離乳食を始めた時期で、どうしても母乳を飲ませなくてはというプレッシャーから解放されたことが良かったのかなと思います。

赤ちゃんに母乳をあげ続けていれば、症状が落ち着くこともあるので、焦らずに授乳を続けてください。

ライン

乳房のしこりや痛みを感じる方は意外と多いようですが、赤ちゃんに吸わせる角度を工夫するなど、根気よく母乳をあげ続けることで、解消することもあるようです。

また、体が冷えていると、血流が悪くなって出にくくなることもあります。

たんぽぽエキスなどが配合されたサプリやルイボスティーを利用して体を温め、基礎体温を上げ、血流を良くすることで改善されることも多いそうなので、ぜひ試してみてください。

しかし、痛みなどが辛い場合や長引く場合などは、助産師さんや産婦人科で相談・受診することをおすすめします。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング