これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 初めてでも上手に授乳できる母乳育児の方法 » 母乳の飲ませ方

母乳の飲ませ方

赤ちゃんがしっかりと母乳を飲むことができる授乳の体勢をまとめています。

上手にくわえられているかな?母乳の飲ませ方チェック

赤ちゃんがしっかり母乳を飲むためには、正しく乳頭をくわえることが最も大切。

間違ったやり方で飲ませ続けると、赤ちゃんの哺乳量も増えませんし、乳頭が切れたり、母乳が詰まりやすくなったりと、いろいろなトラブルの元となります。赤ちゃんへの上手な飲ませ方のコツ4点を以下に紹介します。

  1. 赤ちゃんの顔と、おっぱいを真向かいにする
  2. 赤ちゃんが口をいっぱいに開けておっぱいをくわえるように吸いつかせる
    乳頭というよりも、乳房全体に吸いついているようなイメージです。赤ちゃんの下あごがおっぱいに触れるくらいが目安の一つです。
  3. 赤ちゃんの舌が、下の歯茎より前に出ているかチェック
    吸いついている状態で、赤ちゃんの口角を横に引っ張った時、赤い舌が見えればOKです。
  4. 赤ちゃんの口からはみ出ている乳輪の大きさをチェック
    上側>下側となっていればOKです。

正しく吸いついていることができれば、口と顎を大きく動かしながら、約1秒間に1回、「ごくん」と母乳を飲みこんでいく様子が見られるはずです。また、乳頭に痛みを感じたり、尋常じゃなく引っ張られている感じがしたら要注意!正しくくわえられていない可能性があるため、一度赤ちゃんの口をはなし、再度くわえさせてみてくださいね。

いろいろな授乳の体勢

赤ちゃんに授乳をする際には、様々な方法があります。母乳の詰まりや乳腺炎を防ぐためには、なるべくいろいろな方向から母乳を飲ませた方がよいと言われています。時と場合、赤ちゃんのタイプによっても最適な体勢は異なってきますので、いろいろな方法を試してみて、自分に最も合った体勢を見つけると、授乳タイムがとっても楽しくなりますよ。

横抱き

もっともオーソドックスな方法。赤ちゃんを横に寝かせ抱っこして授乳する方法です。

産院などでもまずこの授乳方法を指導される人が多いと思います。時と場所を選ばずオールマイティに授乳できます。

ただし、授乳する時に背中を丸めてしまうと肩こりや腰痛の原因となりますので、なるべく背中を真っすぐにし、イスの背もたれなどに寄りかかりながら授乳すると楽です。

逆抱き・フットボール抱き

アメフトの選手がボールを抱えるように、ママの体の外側から、赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらう方法です。

母乳がたまったりしこりになりやすいおっぱいの外側部分を飲ませるのに最適な体勢で、深く吸いつきやすいため、哺乳力の弱い新生児期にもオススメされることが多いようです。

楽な体勢で授乳できる方法ですが、赤ちゃんを支えてくれる授乳クッションやテーブルが必要な場合もあります。

縦抱き

日本古来から行われてきた授乳方法。赤ちゃんをママの太ももにまたがらせ、縦に抱きながら授乳する方法です。

赤ちゃんが口を開けやすく、深く吸いつきやすいため、横抱きでうまく飲めない赤ちゃんでも縦抱きにすると上手に飲めることもあります。場所をとらないため、外出先や車の中など、狭い場所でも授乳しやすく、抱っこひもの中で授乳するママもいるそうです。

添い乳

布団などの上で横になった赤ちゃんとママが向かい合わせで授乳する方法。首の据わらない新生児期には位置の調整が難しいですが、赤ちゃんの月齢が進み、首がしっかりしてくると、ママにとっては楽な授乳体制の1つ。

寝ながら授乳ができるため、夜中の授乳もあまりストレスを感じませんし、ママの体を休めることもできます。ただし、赤ちゃんとママの位置の調整がうまくいかないと、浅飲みになって乳房トラブルにつながることもあるため、十分に注意してください。

効果的な授乳方法と一緒に知っておきたい!
母乳育児をサポートしてくれるお茶ランキング>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング