これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 初めてでも上手に授乳できる母乳育児の方法 » 母乳が出なくて悩むママを救うミルクという選択肢

母乳が出なくて悩むママを救うミルクという選択肢

出産後、待望の赤ちゃんに恵まれ、育児に張り切るお母さん。しかし中には、赤ちゃんにとってもっとも必要な「母乳」が出ないことに悩みを抱え、気を落としてしまうケースもみられます。

母乳の悩みとしてもっとも多く挙げられるものが、「母乳の出の悪さ」です。生後1日目で約60mlが一日に必要とされるところ、平均値を下回る程度の量しか与えられていないと、お母さんとしてはとても心配ですよね。もちろん母乳が1滴も出ないようなケースもあり、「お腹がすいている時に要望に応えられないことを辛い」と感じるお母さんもいらっしゃいます。

出産後に母乳の出が悪い時はどうすればいい?

母乳はいつも一定であれば嬉しいのですが、人によっては産後に一時的に母乳が出なくなることもあります。しかしまずは、母乳の出方を見ながら3時間に一度くらいのペースで赤ちゃんに授乳を行ってみてください。(もう少し早くてもOKです)

お母さんの体は、赤ちゃんが母乳を欲するペースと呼応していて、およそ3時間に一度の間隔で母乳を生産するようなシステムになっています。母乳があまりにも少ない場合、市販のミルクで代用する方法もありますが、まずその前に乳首をくわえさせて、母乳を少しでも多く赤ちゃんに与えてみてください。

ミルクと母乳の併用を考える場合、母乳との混合率を意識する必要があります。母乳育児をメインにしたいという方は、ミルクを与える量やタイミングに注意を。必ずミルクを与える前に母乳を与えて、赤ちゃんに母乳を飲ませるようにしてください。

ミルクを使う際の注意点

母乳が不足していてミルクを与えざるを得ない場合もあると思いますが、母乳に比べミルクは「消化に時間がかかる」点が要注意ポイントです。ミルクの量が多いと赤ちゃんはお腹がいっぱいになってしまい、母乳を受けつけなくなることもあります。

一度ミルクをあげてみて、飲んだ後の様子や尿量の変化などをチェックし、そこでミルクを吐き戻したり、飲んだにも関わらずぐずる場合は、ミルクが多すぎると訴えているかもしれません。与える量を調節しながら、赤ちゃんの反応を確認するようにします。

また、ミルクをあげたからといって安心するのは禁物。お母さん自身の母乳についても、3時間に一度のペースで赤ちゃんに与えるようにして、与えない場合には搾っておく必要があります。定期的に母乳を出さなければ、次の母乳の生産効率が下がってしまうためです。

母乳とミルクをどの程度の割合で与えるか

「完全母乳」と「完全ミルク」に加え、「混合母乳」「混合ミルク」といった言葉もあるように、「母乳とミルクのどちらをメインにするか」ということと、「完全にするか混合にするか」というところを考えていかなくてはなりません。

母乳とミルクをどの程度の配分にして赤ちゃんに与えるかが悩みどころですが、母乳にもミルクにもそれぞれ良いところがあります。母乳は母体から直接栄養補給ができる飲みもので、赤ちゃんにとってもっとも親和性の高いお母さんから免疫力をもらえるメリットもあります。

ミルクは、母体に不足しやすいミネラル類などの栄養素が完璧に含まれているだけでなく、最近では母乳に劣らない機能を備えた製品も登場し、母乳の代わりとして使える便利なアイテムです。

コストパフォーマンスを考えると、圧倒的に母乳の方がすぐれているのですが、安定的に母乳が出ない場合の代用品としてミルクがあると安心できます。

ミルクには、母体に欠けがちな栄養素が多分に含まれており、さらに一日の目安量などもしっかりと決まっていますので、仕事などで忙しいお母さんでも安心して赤ちゃんに授乳することができます。

母乳の場合、お母さんの体の状態や精神的なストレスなどによって母乳量が激減することもあり、毎日一定量の母乳を与えられないというリスクがあります。

しかしミルクを使えば、一日の必要量にしたがってお湯に粉を溶かして与えるだけなので、自分の体調とは関係なく赤ちゃんの成長を応援することができます。ミルクのデメリットとしては、赤ちゃん自身が消化に時間がかかること、お母さんがもつ免疫力を赤ちゃんに伝達できないという点などが挙げられます。

したがって、完全ミルクではなく混合ミルク、もしくは混合母乳というかたちで、ミルクをメインにしながら母乳も適度に与えていくことが、赤ちゃんの健康を応援するコツとなります。

良質な栄養素が含まれている母乳なら、赤ちゃんに栄養成分がストレートに伝わっていきますので、お母さんは普段口にする食べものや飲みものに注意し、良質な栄養素を摂取するよう心掛けたいところです。

お酒やジュースなどは糖分やアルコールが多分に含まれていますので、代わりにミネラルウォーターやルイボスティーなどがおすすめです。どちらにも良質なミネラル成分が含まれており、特にルイボスティーにはカルシウムやマグネシウムなど、赤ちゃんの健康的な発達に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

母乳不足に悩むママに教えたい
母乳不足解消におすすめのお茶ランキング>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング