これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 初めてでも上手に授乳できる母乳育児の方法 » 赤ちゃんのげっぷを上手に出すコツ

赤ちゃんのげっぷを上手に出すコツ

「授乳したら赤ちゃんにげっぷをさせなさい」と言われますが、げっぷの必要性と、出ない場合に上手に出させるコツを紹介します。

どうしてげっぷをさせた方が良いの?

ママと赤ちゃん赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んでいる時に、空気も一緒に飲みこんでしまうことがあります。

口をいっぱいに開けて、ぴったりと乳房に吸いつけている時は、空気が入りにくいのですが、まだ飲み方に慣れていない赤ちゃんや哺乳瓶から飲む時など、口と飲み口の間に隙間があると、空気が入りやすいようです。

お腹に空気がたくさん入ったままにしておくと、赤ちゃんも落ち着かないのでぐずったり唸ったりするほか、吐きもどしの原因となることもあります。

そのため、初めのうちは特に、授乳後げっぷをさせて、お腹に入った空気を出してあげることが大切です。

上手なげっぷの出させ方チェック

赤ちゃんにげっぷをさせる方法として、産院などでアドバイスされる方法は以下の2通りがあります。

赤ちゃんを座らせて背中をさする

近年、産院や助産師さんが薦めているのがこちらの方法。赤ちゃんをママの太ももの上などに支えながら座らせ、片手で赤ちゃんの鎖骨あたりを支え、もう片方の手で赤ちゃんの背中をさすってげっぷを出させます。

背中をさする時は、下から上に撫で上げるようにするのがコツ。優しくトントンと叩いてもよいでしょう。首が据わる前の新生児期の赤ちゃんから、少し大きくなって重たくなった赤ちゃんまで幅広く使える方法です。

赤ちゃんをママの肩に担いで背中をさする

昔から行われてきた一般的な「げっぷ」の方法。ママのお母さん世代・おばあちゃん世代はこの方法でげっぷを出させていた人が多いかもしれません。

まずはタオルやガーゼを肩に置き、両手で赤ちゃんの脇を持ちあげ、ママの肩先に赤ちゃんの顎が来るように抱きます。

この時、中途半端に胸あたりで留めず、思い切って担ぐのがコツです。片方の手で赤ちゃんのお尻を支えながら、もう片方の手で赤ちゃんの背中を優しくさすったり、トントンしたりします。

首が据わっていないうちはぐらぐらしやすいので、首ががくんとならないように気をつけて抱き上げてくださいね。

赤ちゃんの胃の形や、食道の向きによって、げっぷの出やすい角度や方法があります。初めのうちはうまく出させることができなくても、いろいろな方法を試していくうちに、赤ちゃんに合ったげっぷを出させる方法が分かってきます。

うまく出させることができなくても、おならとして出てきていれば心配は要りません。その場合は、時々うんちが泡状やムース状で出てきたりしますが、病気ではないので安心してください。

また、空気をあまり飲んでいない場合は、げっぷが出ないということもあります。

母乳育児の子はげっぷが出にくい子が多いようです。げっぷが出るかどうかはその子による場合も多いので、「うちの子、全然げっぷが出ない」という場合でも、特に機嫌が悪くなければ心配しなくて大丈夫です。

げっぷが出るほど飲ませたいなら!
母乳育児をサポートしてくれるお茶ランキングをチェック>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング