これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 気になる母乳育児のメリット・デメリット

気になる母乳育児のメリット・デメリット

赤ちゃんを母乳で育てるとどんないいことがあるの?ミルクがあるんだからそもそも、母乳って必要なの?母乳育児とミルク育児それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

母乳育児とミルク育児の変遷

生まれたばかりの赤ちゃんの成長を支えるために必要な母乳やミルク。それまではママのお腹の中で、胎盤を通じて自動的に栄養を受け取っていた赤ちゃんですが、生まれてからは自分の口で栄養を摂取していかなくてはなりません。

基本とされるのは、何といってもお母さんが与える母乳です。母乳には赤ちゃんに必要な栄養分が最適なバランスで含まれているほか、赤ちゃんを病気から守る免疫成分も含まれています。人間も「哺乳類」の一種である以上、母乳は赤ちゃんを育てるために存在しています。

一方で、昔と比べてミルクの品質も良くなっており、母乳の場合と較べても大差のない育児をできるようになっています。

日本では、第二次世界大戦後の食糧不足の時期に、母乳だけでは乳幼児の栄養失調が増えたことから、粉ミルクでの育児が流行しました。

アメリカでの粉ミルク育児ブームや、人前での授乳が恥ずかしいという風潮もあり、一時期の母乳育児率は全体の3割程度まで減少していたようです。

1970年代~1980年代にかけて育児をしていた、お爺ちゃんお婆ちゃん世代は、自らが粉ミルクで育児をした経験のある人たちが多いようです。

しかし近年では母乳の免疫成分の高さなどが見直され、そのほかの部分でもたくさんのメリットがあることから、本来の母乳育児を推奨する傾向がWHO(世界保健機関)を含め、世界的な流れとなっています。

母乳とミルクのメリット・デメリット

栄養成分にほとんど違いはないと言われる母乳とミルクですが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。

母乳のメリットとデメリット

メリット

デメリット

ミルクのメリットとデメリット

メリット

デメリット

赤ちゃんやママの健康のためを考えるのであれば、母乳が成分やはたらきの面で優れているのは一目瞭然ですね。

しかし一方で母乳育児はママ一人の負担が増えがちになるという側面もあります。ミルクであれば周りの協力を得られやすく便利だとも言えるのです。どちらにもメリット・デメリットがあるため、状況に応じて使い分けるのも一つの方法です。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング