これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » プレママさんの準備のために!母乳育児の基礎知識 » 新生児に与える母乳量の目安はどれぐらい?

新生児に与える母乳量の目安はどれぐらい?

母乳で赤ちゃんを育てる際、自分の母乳がきちんと出ているかどうかが気になりますよね。特に初めて赤ちゃんを授かったお母さんは、母乳が足りていないかどうか不安に思うものです。

平均値に達していれば問題はありませんが、万が一不足している場合には、母乳が一定に出るように工夫をしていかなければなりません。そこで本記事では、新生児に与える母乳量の平均値(目安量)を確認し、量が不足している場合の対策方法について見ていきたいと思います。

新生児に与える母乳の平均値

理想的な母乳量の目安は、新生児の生後日数×10ml+10ml、回数にして一日に3時間おき×7,8回程度とされています。生後1日目の新生児なら、1日×10ml+10mlで合計20mlとなり、生後2日目なら2日×10ml+10mlで合計30mlというように、生後1ヶ月目までは上記の計算式で徐々に母乳量を増やしていくことになります。

しかし、お母さんが授乳に慣れていなかったり、母乳量が不足して満足に与えられない場合もあります。

母乳量が十分に確保できないケースも含めると、実際の授乳量は生後1日目で5~10ml程度となり(一日の総量約60ml)、生後2日目には10~20ml(一日の総量約60~120ml)がおおよその目安であり、目標値ということになるでしょう。

母乳量が足りているか確認する方法

赤ちゃんは新生児の1ヶ月目までは、母体から栄養と水分を摂取します。その後徐々に体をつくっていきながら、自力で食事が摂れるようになります。お母さんの体も、生後1ヶ月目まではいつでも母乳が出せるよう、母乳を安定的に生産できるコンディションとなっています。

お母さんの栄養状態や健康状態が良好であれば、基本的には1ヶ月目までは安定的に母乳を出せる状態にあります。しかし、平均値に達しているか不安な方もいらっしゃると思いますので、まずは赤ちゃんに一日7,8回を継続的に授乳するよう心掛けてみてください。一回あたりの授乳量を気にされる方も多いのですが、生まれたばかりの赤ちゃんについては特に平均値にはこだわらず、欲しがるぶんだけ母乳を与えていきましょう。

新生児の場合、一日に7回程度かそれ以上の頻度で排尿をします。7回以上決まって尿が確認できれば、母乳の量も足りていると判断できます。排尿の回数は、母乳やミルクを与える回数や量に関わっています。排尿の回数が5回以下のように少なくなっている時には、母乳が不足している(水分不足)可能性があります。

また、母乳量が不足しているかどうかは、赤ちゃんの体重の増加量などからもわかります。一日につき平均で18g以下しか体重が増加しない場合や、成長曲線に沿った成長がみられない場合などは、栄養が満足に摂れていない可能性があります。

母乳不足になってしまった時の対処方法

母乳不足が起きてしまったら、一日7回以上の授乳が必要となります。目安としては10~12回以上、約2時間に一回の割合で授乳をさせてあげながら、母乳が安定的に出るのを待ちます。それでも母乳が不足していたら、ミルクを使って栄養をプラスしてあげましょう。

ミルクを使って授乳させる場合でも、母乳による授乳も継続して行うようにします。また、お母さん自身の体のコンディションを整えることも必要となりますので、普段の食事や水分補給を十分に行いながら、体を休めてリラックスするようにします。

基本的には、母体は3時間程度で次の母乳を生産し始めます。長時間授乳をせずに放置していると、生産量が減ってしまいますので、3時間に一度というサイクルを守りながら授乳を行うことが大切です。

深夜でも、赤ちゃんは水分と栄養の補給のために、授乳を求めることがあります。お母さんにとっては睡魔との戦いとなり、体力勝負になりますが、母乳を一定の間隔で出すことが安定的な生産にもつながります。

母乳が足りているか不安に感じたら

赤ちゃんは意外に気分屋で、水分と栄養の補給以外にも、乳首を口に含みたがる場合があります。必ずしも3時間置きに授乳を求めるわけではなく、1時間もしないうちに泣き出すこともあります。

その場合、「空腹なのかな?」「母乳が足りていないのかな?」と不安になってしまいますが、ミルクで代用したり、おしゃぶりを与えたりすると母乳育児を阻害する可能性があります。不安な場合は産院に相談したり、専門家や専門の知識を持つスタッフに話をするなどして、かかりつけの相談先にお話をしてみてください。

安定した量の母乳が出るように
サポートしてくれるお茶ランキング>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング