これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 赤ちゃんの様子からわかる母乳不足のサイン

赤ちゃんの様子からわかる母乳不足のサイン

ここでは、母乳不足のサインについて、その本当の理由や赤ちゃんの成長メカニズムなどを解説していきます。

母乳不足かなと感じたら

毎日の中で、母乳不足かなと思えるいくつかのサインを赤ちゃんから感じることがありませんか?実は、新米ママのほとんどがそんな赤ちゃんの様子を見て、母乳について悩んでいます。

母乳をあげた後に哺乳瓶のミルクをごくごく飲む

これって母乳不足?

母乳は、ミルクのように飲んだ量がハッキリとわからないので、母乳不足だと心配するママがかなり多いです。しかも母乳をあげた直後にミルクをごくごくと飲まれたらそう思ってしまっても仕方ありませんよね?

しかしそれだけでは、母乳不足だと判断してはいけません。なぜなら、産まれて3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、与えたら与えた分だけ飲んでしまうことがあるからです。

思ったように体重が増えていかない

母乳で育てている赤ちゃんは体重の伸びはゆっくりで細身の子が多いと言われています。また、赤ちゃんは身長と体重が交互に伸びるとも言われています。つまり身長が伸びている時期は体重が増えず、逆に体重が増えている時期は身長が伸びないようです。

授乳後に泣く・寝てくれない

授乳後に赤ちゃんが泣くと、母乳不足だと感じてしまうかも知れません。しかし赤ちゃんは泣くことしか表現方法がありません。オムツが汚れていたり、抱っこして欲しかったりと理由は様々。あまり思いつめないことが大事です。

また、赤ちゃんの寝つきには個人差があるので、授乳後にすぐ寝なくても心配する必要はないでしょう。

母乳をずっと吸っている、もしくはすぐにまた欲しがる

赤ちゃんがおっぱいを吸い続けていると、母乳不足じゃないかと心配になるかも知れません。赤ちゃんにとっては、お母さんのおっぱいを吸うだけでも、大変な重労働。ですので、途中途中休みながら飲んでいることもあります。また、ママの乳首がおっぱいを吸いやすい形になっていない可能性もあります。

おっぱいが張っていない

おっぱいの張りがないと、母乳が出ないのではないかと思いがちですが、授乳期のおっぱいは「溜まり乳」と「差し乳」があります。溜まり乳は張ったおっぱいで、差し乳はあまりおっぱいに張りがない状態のことを言います。

差し乳の場合は、その赤ちゃんがおっぱいを吸ったときに母乳が作られるので、むしろ新鮮なおっぱいを与えられるというメリットがあります。

以上のように、母乳で育てたいと思っているママにとっては、赤ちゃんのちょっとしたことに対してもナーバスになってしまいがちですが、実際には、これらのサインは母乳不足のサインとは限らないようです。

赤ちゃんの成長や母乳のことを正しく理解し、少しでも子育てに奮闘するママの不安を取り除ければ嬉しいです。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング