これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 赤ちゃんの様子からわかる母乳不足のサイン » 眠らない・すぐに泣き出す

眠らない・すぐに泣き出す

赤ちゃんがなかなか眠らないと、母乳不足のせい?と心配するママも多いようですが、そういうわけではありません。

赤ちゃんの睡眠には成長メカニズムと個人差があります。

赤ちゃんがなかなか眠らないのは、母乳不足のせい?

まず、赤ちゃんは、生まれてから1ヶ月以上経たないと昼夜の区別がつきません。生後しばらくは、時間に関係なく、3時間おきに授乳する必要があるのは、このことにも関係するのですね。

昼夜の区別が徐々につくようになっても、赤ちゃんは自由です。日によって、ずっと寝ていたり、全然寝なかったりという状況もよくあることです。

また、赤ちゃんの個人差によるところも大きいです。

赤ちゃんはよく寝るというイメージがありますが、実際に子育てしたママに聞くと、「うちの子は全然寝なかった」、「うちの子は一日中寝ていた」、「上の子はいつも寝ていたのに、下の子は全然寝ない」など、子供によって全然違うものです。

赤ちゃんが日中元気にしているようなら、それはその子のサイクルなので、特に心配することはありません。無理に寝かしつけようとせず、赤ちゃんのペースにあわせることも必要でしょう。

泣くのは母乳不足だから?

赤ちゃんが泣くことに、ナーバスになってしまうママはたくさんいます。

おっぱいをあげた直後なのに泣き出すなど、日ごろから母乳不足を心配していると、赤ちゃんが泣いたときに、やっぱり母乳が足りないからなのではと、追い詰めてしまいがちです。

しかしあまり神経質になっていはいけません。赤ちゃんが泣く理由はそれだけではないのです

泣くのは母乳不足だから?

赤ちゃんは泣くことでしか意思を伝えられません。

お腹が空いた、はもちろんのこと、おむつが汚れて気持ちが悪い、抱っこしてほしい、何だか不安、など、いろいろな状況のもとに泣きます。

赤ちゃんが泣いたときは、おっぱいやおむつのチェックはもちろんですが、赤ちゃんを抱っこしてスキンシップをはかったり、一緒に遊びを楽しんだりと、ママと赤ちゃん、両方がハッピーになる方法も試してみてくださいね。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング