これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 赤ちゃんの様子からわかる母乳不足のサイン » 授乳時間が長く、間隔が短い

授乳時間が長く、間隔が短い

母乳不足だから授乳時間が長くなる、出ないからすぐに飲みたくなる、と心配するママも多いようですが、そういうわけではありません。

まず、生後100日程度は、授乳時間や授乳感覚が安定しません。最初のうちは授乳時間や間隔はまちまちだということを覚えていてください。

生まれてすぐの赤ちゃんは、おっぱいを吸うことも初体験です。何事も初めてのことは上手くいかないものですよね。赤ちゃんだって同じです。

授乳は根気よく続けることが大切

また、母乳を吸うのは重労働であるため、赤ちゃんも休み休み飲むことがあります。吸うことをやめたのでおっぱいを離したら泣く、というときには、ただの休憩なのかもしれません。

初めておっぱいをあげるママのほうも、乳首がまだ吸いやすい形になっていません。赤ちゃんが吸うのが上手くなっていくと同時に、ママの乳首も吸いやすい形になってくるのです。

おっぱいをたくさん吸ってもらうことで、ママも赤ちゃんもどんどん成長していきます。母乳がよく出るおっぱいにするためには、根気よく授乳を続けましょう

母乳とミルクの授乳感覚は違う

授乳の間隔についても、心配するママはたくさんいますが、母乳は消化吸収がとても良く、逆にミルクは消化に時間がかかるので、母乳とミルクの授乳間隔は違うということ覚えておきましょう。

また、母乳しか飲まない赤ちゃんにとって、食事も、喉の渇きを潤すのも母乳になります。ちょっと喉が渇いたときに飲む場合は時間も間隔も短いですし、しっかり食事として飲む場合には長くなるでしょう。日によっても、飲み方に違いがあります。

このように、毎回同じように飲まなくても全然問題ないのです。

ママの母乳の出方も、赤ちゃんの飲み方も毎回違うということを忘れないようにしましょう。

授乳時間・授乳間隔の目安

授乳は、最初は時間のかかるものです。1回の授乳に20~30分程度かかっても問題ありません。

吸われているおっぱいの反対側の乳腺が刺激されて母乳が出てくるため、左右を交互にあげるのが理想です。

授乳回数は、3ヶ月までは間隔が安定しません。3ヶ月を過ぎるころには、赤ちゃんによっては授乳間隔が安定してきます。

授乳回数の目安

生後1ヶ月まで:1日7回程度
生後2ヶ月まで:3時間おき
生後3ヶ月まで:3~4時間おき
生後4ヶ月まで:4時間おき、深夜はなし、もしくは1回程度

生後4ヶ月以降は、母乳の出方が減ってくるママも多いようです。赤ちゃんの様子を見ながら、離乳食への準備を進めてみましょう。

また、赤ちゃんは、最初吸うのが下手で、大きくなるにつれて口の力が強くなり、噛むこともあるので、乳首が傷つくことがあります。これは、授乳経験のあるママは必ず経験していることです。もし、乳首が痛くなったら、我慢せずに、小児科や助産師などに早めに相談することをおすすめします。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング