これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 先輩ママが教える「母乳不足かな?」の解消法 » 食事に気を配る

食事に気を配る

母乳は母親の血液からできる飲み物で、赤ちゃんにとっては「美味しい母乳」と「美味しくない母乳」があります。 新生児にも美味しいかそうでないかを見分ける味覚があるため、美味しいと感じられない母乳は、あまり積極的に飲みたがらない傾向にあります。

お母さんが意識的に母乳をコントロールしなければ、母乳の出が悪くなったり、赤ちゃんにとって美味しくない母乳になってしまったりと、さまざまな影響が出てしまいます。

なぜ食事に気を配るのか

母乳の大半は水分でできていますが、元をたどればお母さんの血液からできています。したがって、お母さんの体をめぐる血液が良質であればあるほど、母乳の質も良くなります。

また、水分不足の予防も母乳の出方に影響します。母乳不足のお母さんの多くは水分不足が影響していますので、母乳赤字食事の中で意識的に水分を摂取し、塩分を控えるように注意する必要があります。

母乳不足改善に期待できる食べ物

母乳不足の改善に役立つ食べ物としては、第一に水分、第二に栄養価の高いものが理想的です。 野菜スープや煮物など、野菜を具材としたメニューは血液をサラサラにしてくれますし、食欲がない日には雑炊やお粥などの水分を含むメニューが良いでしょう。 ただし、メニューをつくる過程で調味料を大量に使ったり、塩分や刺激物の多いものを含むと、母乳の出方が悪くなる場合があります。

赤ちゃんの体は未熟であり、自分でいろいろな栄養素を消化・吸収することができないため、お母さんの母乳から受け渡される栄養素が重要な生命線になります。 そのため、海藻類などのミネラル類を多く含む食べ物やローカロリーの食べ物などを口にするようにするか、メロン・スイカ・梨などの水分の多い果物を摂ると良いでしょう。

逆に、油ものやケーキなどの洋菓子類、スナック菓子、糖分や塩分を大量に含む食品などは母乳に悪影響を及ぼす可能性のある食品です。 育児のストレスやホルモンバランスの乱れから、こうした食べ物を摂りたくなることもあるかもしれませんが、摂取のしすぎは母乳育児に悪影響を与えてしまいますので注意が必要です。

質の良い母乳のためには和食を食べよう

授乳中のママには和食がおすすめ

ママが食べたり飲んだりしたものが、そのまま母乳に反映されるので、ママの食事は特に注意が必要です。質の良い母乳を作るためには、ズバリ、和食が最適です。

旬の野菜と白身魚、それにご飯とみそ汁など、昔ながらのあっさりした和食が一番良いようです。調味料も、醤油・味噌・塩・砂糖など、質の良いものを使うことをおすすめします。

母乳不足改善が期待できる飲み物

母乳不足の改善には、質の良い水分が必要不可欠です。 ミネラル類をたっぷりと含んだミネラルウォーター、ノンカフェインのハーブティー、デカフェタイプのコーヒーなど、母乳に影響を与えない範囲で飲み物をチョイスするようにしてみてください。

反対に、アルコールやカフェイン入りの飲み物、添加物が入った清涼飲料水などは母乳の質を低下させる元となります。

牛乳や乳製品は母乳の質を悪くします

おっぱいもすぐに詰まって辛い思いをしますので、授乳中は我慢しましょう。

さらに、一見母乳に良さそうな乳製品ですが、実は、牛乳や乳製品は母乳の質を悪くします。直接牛乳を飲むわけではなくても、パンや他の食べ物に含まれる脱脂粉乳などについてもチェックしたいですね。

また、血液から作られる母乳は、腸内環境によってその質が大きく左右されます。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、美味しい母乳づくりを心がけていきましょう。 出産後から授乳期にかけておすすめのハーブティーについては、以下に詳しく紹介しています。

食事と一緒に飲みたい
お茶・ハーブティーについて詳しく見る>>

母乳不足を感じていた先輩ママの体験談

母乳と食べ物の関係について、先輩ママたちが実際に感じたことや、行ったことなどについてご紹介します。

出産太りを避けるために、糖分の多いものや油ものを食べないように気を遣っていました。母親が口にする食べ物や飲み物は母乳の質に直結するらしいので、食べ物の成分や具材は注意して選んでいました。あとは食べ物や飲み物で体を冷やさないように注意して、赤ちゃんに良いといわれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類の多い食べ物(海藻など)も意識して摂るようにしていました。鉄分などは出産後に欠乏症になりやすい成分なので、貝類などを中心に食べるようにしていましたが、それでも足りない時はサプリメントと併用することもありました。

出産太りを避けるために、糖分の多いものや油ものを食べないように気を遣っていました。母親が口にする食べ物や飲み物は母乳の質に直結するらしいので、食べ物の成分や具材は注意して選んでいました。あとは食べ物や飲み物で体を冷やさないように注意して、赤ちゃんに良いといわれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類の多い食べ物(海藻など)も意識して摂るようにしていました。鉄分などは出産後に欠乏症になりやすい成分なので、貝類などを中心に食べるようにしていましたが、それでも足りない時はサプリメントと併用することもありました。

母乳には根菜が良い(温かい食べ物もいいらしい)と聞いていたので、根菜を使ったメニューを中心につくって食べていました。豚汁やけんちん汁などの汁物は家族みんなで食べられますし、ご飯にも合うのでよく作っていたと思います。温かい食べものは体を温めてくれますし、根菜は体を温める作用があるので、相乗効果で母乳が出やすくなったと思います。それ以外では体を冷やすウリ科の食べ物などは避けて、冷たい飲み物も避けるようにしました。母乳の方は、体を温めたおかげでスムーズに出ていましたので、食べ物や飲み物に注意したおかげだと思います。

油分の多い食べものは乳腺が詰まる原因になるらしいのですが、実際に揚げ物を食べたところ母乳詰まりを起こして大変でした。赤ちゃんにとっても、脂ぎったお乳は美味しくないらしく、十分に飲んでもらえない日もありました。そこで、食べ物だけでも気を付けなければと油ものは極力控えるようにして、代わりに煮物などを作って食べるようにしました。できるだけ野菜や海草などのカロリーの低いもので、母乳に影響しない食材を使ってみたところ、母乳の質がかなり改善されました。水分もしっかりと摂っていたので、お乳の出はかなり良くなりました。

どうしても揚げものが食べたくなって食べたら、おっぱいが詰まって痛い思いをしました。赤ちゃんに吸ってもらうのが良いとのことでしたが、やっぱり不味いのか、なかなか飲んでもらえず苦労しました。その後は、反省して授乳中は煮物を中心に食べていました。

皆さん、食事には気をつけていたようですね。脂っこい物はすぐに乳腺が詰まってしまうとの声もありました。皆さん、気をつけましょう。

食事に気を配る方法はこんな方に試して欲しい

食事から取り入れた栄養素は、母乳にも影響します。食事の乱れは、母乳の悩みにつながってしまうでしょう。

食事に気を配ったほうがいい人とは?

肌荒れや髪の毛のパサつきが出ている

女性が食事の乱れで一番よくあらわれるのは、肌荒れや髪の毛のパサつきですね。肌が荒れてきた、髪の毛がカサカサしてきたという場合は、食事が乱れているサインです。

忙しくて食べることに興味がなくなっている

子育てが忙しいと、食べることに対して興味がなくなってしまう人も多いです。とにかく食べられればいいとか、適当な食事で済ませてしまうことが増えていると、栄養バランスが偏っている可能性が高いでしょう。

食事に気を使いすぎている

食事による栄養は、赤ちゃんに大きく影響するから…と気を使いすぎている人も、一度食事の見直しをしたほうがいいですね。あまりに縛られすぎた食生活をしていると、それがストレスになります。時には好きなものを食べたりしてストレス発散することも大切です。

食事に気を配るためのポイント

食べる量を増やすのではなく、質を高める

食事はたくさん食べればいい、というわけではありません。大事なのは質です。気を使いすぎるのも大変だとお話ししましたが、だからといって食べたいものを好きなだけ食べてもいい、というわけではありません。栄養バランスを考えて、量を増やすのではなく質を高めていきましょう。体は量で満足するわけではなく、質で満足します。質のいい食事を摂取するようになれば、量は多くなくても、体も心も満たしてくれます。

食べ過ぎに気を付ける

量よりも質とお話ししましたが、食べ過ぎには気を付けなくてはいけません。食べ過ぎによる肥満も心配です。食べすぎは健康に決していい影響を与えません。食べることがストレス解消法にならないように注意してくださいね。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング