これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 先輩ママが教える「母乳不足かな?」の解消法 » 食事に気を配る

食事に気を配る

母乳には、美味しい母乳と不味い母乳があります。新生児でも味覚はあり、不味い母乳は飲みたがらないですし、母乳の成分によって湿疹やアトピーの原因になることもあるので、注意が必要です。

また、ママのほうにも乳腺炎などのトラブルが出たりします。

質の良い母乳のためには和食を食べよう

授乳中のママには和食がおすすめ

ママが食べたり飲んだりしたものが、そのまま母乳に反映されるので、ママの食事は特に注意が必要です。質の良い母乳を作るためには、ズバリ、和食が最適です。

旬の野菜と白身魚、それにご飯とみそ汁など、昔ながらのあっさりした和食が一番良いようです。調味料も、醤油・味噌・塩・砂糖など、質の良いものを使うことをおすすめします。

飲み物についても、清涼飲料水や乳製品を避け、ノンカフェインのお茶が良いでしょう。

脂っぽい物・洋菓子・スナック菓子・アルコール・カフェイン入りの飲み物や添加物入りの清涼飲料水やジュースなどは母乳の質を悪くし、不味くします。

牛乳や乳製品は母乳の質を悪くします

おっぱいもすぐに詰まって辛い思いをしますので、授乳中は我慢しましょう。

さらに、一見母乳に良さそうな乳製品ですが、実は、牛乳や乳製品は母乳の質を悪くします。直接牛乳を飲むわけではなくても、パンや他の食べ物に含まれる脱脂粉乳などについてもチェックしたいですね。

また、血液から作られる母乳は、腸内環境によってその質が大きく左右されます。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、美味しい母乳づくりを心がけていきましょう。

母乳不足を感じていた先輩ママの体験談

母乳と食べ物の関係について、先輩ママたちが実際に感じたことや、行ったことなどについてご紹介します。

糖分や脂っこい物を食べないようにして、あと、体を冷やさないように気をつけました。

なるべく鉄分やカルシウムの多い食べ物を摂るようにしていました。

食事の時にお茶を飲みますが、授乳中はノンカフェインのお茶に変えました。

根菜が母乳に良いと聞き、豚汁やけんちん汁をよく飲んでいました。体も温まり、母乳も出やすくなったと思います。

どうしても揚げものが食べたくなって食べたら、おっぱいが詰まって痛い思いをしました。赤ちゃんに吸ってもらうのが良いとのことでしたが、やっぱり不味いのか、なかなか飲んでもらえず苦労しました。その後は、反省して授乳中は煮物を中心に食べていました。

皆さん、食事には気をつけていたようですね。脂っこい物はすぐに乳腺が詰まってしまうとの声もありました。皆さん、気をつけましょう。

食事と一緒に飲みたい
お茶・ハーブティーについて詳しく見る>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング