これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 先輩ママが教える「母乳不足かな?」の解消法 » 軽めの運動

軽めの運動

授乳中、思うように母乳が出ないことに悩んでいる方は少なくありません。 母乳不足には生活習慣や食生活、あるいは体質など、さまざまな原因が考えられますが、その中の一つとして「運動不足」が挙げられます。

母乳不足の原因として運動不足が考えられる

冷え症などによる血行不良は、母乳の出を悪くする直接的な原因になります。そのため、全身の血のめぐりを良くする適度な運動は、母乳育児には欠かせない行動となります。

妊娠中から出産後の授乳期間中、お母さんたちは育児に集中的に取りかかるため、運動不足になりやすいものです。 しかし運動不足が慢性化すると、体が冷え症になったり、体温が上がりにくく血がめぐりにくい体質になってしまったりと、母乳育児を妨げるリスクが生まれやすくなります。

母乳不足改善に運動をおすすめする理由

運動は体の血のめぐりを改善してくれるものなので、母乳の出を良くしてくれる要素となります。 また、ストレス解消にも役立つので、母乳がストレスで出にくくなっている方にとっては最善の方法といえます。 ただし、「運動」といっても、筋力トレーニングなど、過度な負担になる運動をする必要はなく、ストレス解消に役立つような簡単なエクササイズ程度でも構いません。

室内で動けるようであれば、家事や育児などで体を動かしたり、窓ふきや床磨きなどの掃除に体を使う方法もおすすめです。 運動による血流の改善は、自律神経やホルモンのバランスを整えたり、体を適度に疲れさせて安眠をうながす(ストレス解消につながる)など、さまざまな派生効果を生みだします。 母乳の出が悪い方は、食事や飲み物などに注意するだけではなく、体温を上げて血流を改善してくれる運動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの運動

運動にもいろいろな種類や方法がありますが、授乳中かつ育児中ということも考えて、あまり過度に負担のかかるものは避けましょう。 昔から続けている運動方法やスポーツなどがあれば、そちらを優先して行っても良いのですが、心地良い疲労感を上回るようであれば、もっと負担の軽いものに替えた方が良いかもしれません。

おすすめなのは、ヨガストレッチエクササイズなど簡単に体を動かせる運動です。体の屈伸や関節の曲げ伸ばしに加えて、腹筋を意識した深呼吸を組み合わせても良い運動になりますし、呼吸を整えるだけでも血行が良くなります。

事情があって運動ができない場合でも、床や窓を雑巾やフローリング用シートで磨いたり、掃除、洗濯などで体を動かすことも一つの運動になります。 軽度な運動でも、ゆったりと時間をかければ体のめぐりが良くなりますし、じわじわと汗をかいてストレス解消につながります。 母乳育児にはストレスや血行不良が大敵ですから、時間をかけて体をいたわりながら、ストレスリリースと血行不良の解消を心がけてみてください。

母乳不足を感じていた先輩ママの体験談

母乳と軽めの運動の関係について、先輩ママたちが実際に感じたことや、行ったリラックス法などについてご紹介します。

慢性的な冷え性で、母乳の出がとても悪かったのですが、冷え性を改善すれば出が良くなるよというアドバイスをもらい、軽く運動をするようになりました。運動といっても激しいスポーツなどは苦手なので、ストレッチやウォーキングなどを時間を見つけてやるようにして、外に出られない時は家の中でできる簡単なエクササイズを心がけました。運動をすると汗をかきますが、これが母乳には良いらしく、冷え症対策に抜群に効きました。運動はストレス解消にもなるので、母乳育児をしているお母さんは、毎日じゃなくてもいいので、体を軽く動かしてみると良いと思います。

慢性的な冷え性で、母乳の出がとても悪かったのですが、冷え性を改善すれば出が良くなるよというアドバイスをもらい、軽く運動をするようになりました。運動といっても激しいスポーツなどは苦手なので、ストレッチやウォーキングなどを時間を見つけてやるようにして、外に出られない時は家の中でできる簡単なエクササイズを心がけました。運動をすると汗をかきますが、これが母乳には良いらしく、冷え症対策に抜群に効きました。運動はストレス解消にもなるので、母乳育児をしているお母さんは、毎日じゃなくてもいいので、体を軽く動かしてみると良いと思います。

慢性的な冷え性で、母乳の出がとても悪かったのですが、冷え性を改善すれば出が良くなるよというアドバイスをもらい、軽く運動をするようになりました。運動といっても激しいスポーツなどは苦手なので、ストレッチやウォーキングなどを時間を見つけてやるようにして、外に出られない時は家の中でできる簡単なエクササイズを心がけました。運動をすると汗をかきますが、これが母乳には良いらしく、冷え症対策に抜群に効きました。運動はストレス解消にもなるので、母乳育児をしているお母さんは、毎日じゃなくてもいいので、体を軽く動かしてみると良いと思います。

母乳が思うように出なかったので産婦人科で相談したところ、身体を温めている?と聞かれ、意外なところを見落としていたことに気付きました。体温を上げることで母乳が出やすくなるというのは、実際にやってみればすぐにわかるかと思います。母乳を出そうとするのではなくて、体を運動などで温めてあげるだけでも、母乳の出が全然違います。母乳は血液でできているので、体を温めれば出が良くなるのは当然かもしれません。私の場合は母乳マッサージのほかに、お風呂に入ったりエクササイズをしたりして、体をしっかりと温めるようにしました。その中でも運動はしっかりと汗をかけるのでおすすめです。

出産後、運動不足になりがちで母乳不足を感じていた方が多いようです。。軽めの運動をすると血流が良くなって母乳が出るようになったという声も多く、なにより精神的に自信になり、ストレスがなくなることで、それがまた母乳に良い影響を与えていくようですね。

マッサージと併用して、お茶やハーブティー、サプリメントなどの健康食品を取り入れているママさんも多いようですので、試してみるのも良いと思います。

マッサージとあわせて取り入れておきたい
お茶・ハーブティーについて詳しく見る>>

 
母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング