これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 先輩ママが教える「母乳不足かな?」の解消法 » サプリメントを飲む

サプリメントを飲む

母乳の分泌を促進して母乳不足の解消を助けたり、不足しがちな栄養素を補ったりするためにサプリメントが効果的である理由を解説します。

ママが摂取しなければならない栄養素は?

授乳中はママが摂取した栄養が赤ちゃんへの栄養素になりますので、ママは栄養バランスの良い食事を心がけなければなりません。

しかし、全ての栄養素をバランスよく摂取することは難しいでしょう。そのため、不足しがちな栄養素はサプリメントから摂ることをおすすめします。

日本人の食生活が欧米化したことで、たんぱく質、炭水化物、脂質は十分に摂取できているママが多い一方で、ビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄は不足しがちです。

また、野菜や果物を摂取してもビタミンやミネラルはストレスにより体内で消費されてしまうため、育児ストレスでママの体内量が減ってしまうことが多いです。

そのため、これらの栄養素を十分に摂取するためには、サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか?

母乳の出を改善する効果がある成分は?

たんぽぽの根

たんぽぽの根には、カルシウム、ミネラル、鉄分、ビタミンなどが含まれており、身体をあたため血液の巡りを良くし、女性ホルモンの分泌を活発にします。そのため、母乳の出が良くなるといった効果が期待できます。 ただし、血圧を下げる効果もあるため、低血圧の方。また、キク科アレルギーを持っている方は医師に相談するなど注意した方が良いでしょう。 たんぽぽの根は、飲み物としても摂取されています。「たんぽぽ茶」や「たんぽぽコーヒー」が有名ですね。たんぽぽの葉、茎、根を乾燥させ煎じたものがたんぽぽ茶、たんぽぽの根だけを炒ってコーヒーのような風味にしたものがたんぽぽコーヒーです。

フェヌグリーク・フェンネルなどのハーブ

ハーブも母乳の出を改善する効果が期待できるとされています。たとえば、世界各国で伝統医学として用いられてきた「フェヌグリーク」や、古くからハーブやスパイスとして使われており、消化機能の働きをサポートし代謝を高める「フェンネル」などが有名。いずれも、母乳の質を高め、出しやすくする効果が期待できます。

葉酸

葉酸は、厚生労働省でも妊婦さんに摂取を勧めているほど、産後のママ以外にも大変注目されている成分。ビタミンの一種で、細胞を生成して身体の発育を促し、母乳の元となる血液をつくるのをサポートします。納豆やレバー、ウニなどに多く含まれますが、手軽に摂取するためにサプリメントで葉酸を補給すると良いでしょう。 産後のホルモンバランスの乱れによって起こる、むくみや抜け毛の予防にもなると言われており、妊娠中から授乳期間が終わるまで長期的に摂取したい成分です。

サプリメントを活用したママの体験談

ママ口コミ アイコン日常の食事では十分な栄養素を摂取できないと思いました。赤ちゃんにもきちんと栄養が行くかどうか心配だったので、特に不足がちなビタミン、ミネラル、カルシウムが配合されているサプリメントを飲みました。また、赤ちゃんへの影響や安全性を考慮して無添加のサプリメントを選びました。サプリメントを飲んでから、肌や髪も調子が良くなってきたので、サプリメントに頼って良かったと思います。

ママ口コミ アイコン母乳が出なくて、ミルクに切り替えなくてはダメかなと悩んでいたのですが、サプリメントを飲むようになってから母乳が出るようなりました。赤ちゃんがゴクゴク飲んでいるのを見て嬉しくなりました。

ママ口コミ アイコン母乳が十分であるのか、栄養は足りているのか、不安だったので、知人に勧められたサプリメントを飲みました。最初は効果があるのかどうか疑問を感じていましたが、サプリメントを続けることで徐々に母乳の出が良くなってきました。

ママ口コミ アイコン産前から飲んでいました。産後も毎日欠かさず飲み、スッキリ元気に過ごしていましたが、飲まなかったらやっぱり疲労を感じたのでこの元気は育児パワープラスのおかげだなと実感しました。

ママ口コミ アイコン授乳期間ずっと服用しています。お陰でカルシウムが補給でき、さらに虫歯にもなっていません。おっぱいを卒業するまで続けて行きたいと思います。

ママ口コミ アイコン妊娠前からカルシウム不足だったので、カルシウム入りのサプリを飲んでいました。今は母乳のために自分に不足気味のものが入っているこれを飲んでいます。とても快調です。

ママ口コミ アイコン娘の10ヶ月検診/貧血検査の結果が思わしくなく、病院に通っていました。病院から出されたお薬が便秘になりやすく、薬の使用をやめて自分の母乳の質を上げてみようとサプリを購入しました。初めは大丈夫なのか心配はありましたが、2ヶ月間飲み続けた結果としてhb値が上がり、通院が終了しました。離乳食を食べるようになったこともありますが、食事だけではカバーしきれなかったかもしれません。卒乳するまでは続けていきます。

サプリメントには添加物が配合されているものが多いので、授乳中にサプリメントを使用することに不安を感じることと思います。

しかし、授乳中のママはビタミンやミネラルを十分に摂らなければなりません。そのため、バランスの良い食生活を心掛けながら上手にサプリメントを活用することをおすすめします。

ただし、赤ちゃんへの影響を考えて、無添加のサプリメントを選ぶようにしてください。

サプリメントを活用する際の注意点

育児中のお母さんでサプリメントの摂取を検討している場合、以下のポイントに注意してください。

体に必要な栄養素は食べものから補うのが理想的で、もっとも消化器官にやさしい方法となります。体に栄養が不足しているからといって、すべてサプリメントに頼ろうとするのはあまり好ましいことではありません。

サプリメントには特定の栄養成分が凝縮されていますので、摂り過ぎると過剰摂取を招くおそれもあります。過剰摂取をすると胃腸などの消化器官に影響を与えやすく、さらに不眠症やむくみ、肌のかゆみや紅斑などの症状が現れる可能性も指摘されています。

また、サプリメントを摂る時には、副作用のリスクも考慮に入れておきましょう。薬のように強い副作用が現れる心配はありませんが、食品と同じような感覚で摂取するのも好ましくありません。

母乳はお母さんの体を流れている血液からできていますので、血液の質の向上には、食べものや飲みものはバランスを考えて口にすること、さらには良質な栄養を摂ることが欠かせません。

母乳育児の場合、サプリメントだけに頼っていると思わぬ体調不良や母乳不足など招くおそれがあり、基本的には食材から必要な栄養素をきちんと摂っていくことになります。

サプリメントは、体に栄養が不足していて、他では補うことができない場合に使用するものです。赤ちゃんとお母さんの健康をサポートする心強い味方ですが、効果を正しく実感するためには一日の必要量をしっかりと守り、正しく飲み続けなくてはなりません。

サプリメントの摂り方(摂取量の目安や食事との併用など)がよくわからない場合は、かかりつけの産婦人科に相談してアドバイスをもらうのも一つの方法です。健診の際、赤ちゃんとお母さんの健康状態をチェックしてもらいますが、そこで体に足りていない栄養素についての助言をもらっておくと安心です。

サプリメントは怖い!というママにおすすめのお茶

ミネラルやビタミンなど、不足しがちな栄養素や食べものから補うのが難しい栄養素などは、サプリメントで補給していくのが効率的です。しかし、サプリメントには副作用や過剰摂取などのリスクもありますので、できるだけ体に負担をかけたくないというお母さんには、ミネラルが豊富に含まれている「ルイボスティー」がおすすめです。

ルイボスティーには、赤ちゃんの体づくりの元になるカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれており、サプリメントのような副作用のリスクもありません。毎日の水分補給の際にルイボスティーを口にするだけで、水分と栄養成分が同時に補給でき、母乳の質の向上に役立ちます。

母乳不足を補うためには、水分と栄養素をきちんと摂取することです。ルイボスティーに含まれていない栄養素はサプリメントから補給するようにして、バランスよくお茶とサプリメントを併用されると良いでしょう。

サプリと一緒に栄養分も補える
お茶・ハーブティーについて詳しく見る>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング