これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 先輩ママが教える「母乳不足かな?」の解消法 » ハーブティー・専用のお茶を飲む

ハーブティー・専用のお茶を飲む

授乳中専用のお茶やハーブティーがおすすめ

お母さんの体を流れる血液は、赤ちゃんが飲む母乳の元になるものです。そのため、授乳中は水分不足にならないよう、こまめにお水やお茶などを口にすることが大切です。

ここでは、授乳中におすすめのハーブティーについて詳しく紹介しています。

ハーブティー・専用のお茶とはどんなもの?

お水とは別に、母乳をつくるのに欠かせない飲みものがハーブティー専用茶です。 基本的にノンカフェイン・添加物不使用の安全な飲み物で、妊娠中から産後まで通して口にできるほか、小さいお子さんでも安心して飲用することができます。 


ハーブティー専用茶は体をめぐる水分の元になり、良い香りのするものはリラックス効果が期待できます。温めて飲めば体温を上げてくれるので、血のめぐりを良くして母乳の出も良くなります。

ハーブティーが母乳に良いとされている理由

いわゆる「メディカルハーブ」と呼ばれるハーブを配合しているお茶は、乳管を開く効果があるといわれており、お母さんの体をリラックスさせたり、ビタミンやミネラルを補って健康をサポートする働きが期待できます。

母乳はお母さんが食べた食事をもとに体内で作られています。母乳の成分は水分とタンパク質・脂肪・炭水化物、それに無機質やビタミン類などから構成されていますが、これらの栄養を含み、母乳全ての原料となるのがお母さんが食べたり飲んだりした物なのです。そんなわけで、母乳はお母さんの毎日食事と体調の変化によって微妙に成分や出る量なども変化してきます。

授乳期にお母さんの体調が優れなかったり、健康な状態が維持できていなかったとしたら、赤ちゃんが喜ぶ美味しい母乳は作られません。また、毎日の食事も栄養バランスに気をつけないと良質な母乳は出ません。特にビタミンやミネラルを豊富に含む食事を摂ることはとても大切なことです。

食事と同時に重要なのがお母さんが摂取する水分。自分の体に必要な分に加えて、母乳として赤ちゃんが飲む分もお母さんは水分を補給しなければなりません。このとき単に水をゴクゴク飲んでしまっては、母乳に必要な栄養素をほかの食事から補わなくてはならなくなります。

水よりもおすすめなのが水分補給にハーブティーを活用すること。ハーブティーであれば手軽で栄養面も優れており、ジューズや乳製品のように飲み過ぎると糖分や脂肪を過剰に摂取してしまう心配もありません。

さらに、ハーブの中には美肌や神経系の安定など、さまざまな作用を併せ持っているものも多く、リラックス効果だけにとどまらない作用があります。

ハーブにはそれぞれ体に作用する効果があり、配合されているハーブの種類や量によって体に与える効果も異なります。安眠作用・神経安定作用・造血作用など、目的に合わせてお茶を選ぶこともできます。

ハーブティー・専用のお茶に含まれる有効成分

授乳中におすすめのハーブティー専用茶に含まれている有効成分をピックアップして紹介します。

カモミール

授乳中におすすめのハーブです。甘い味がついており、味と香りの両面から心身をリラックスさせてくれます。母乳の出方にはお母さんの心の安定が何よりも重要であり、カモミールをメインに飲用している方も少なくありません。

レモングラス

レモン風味のハーブで、出産直後から飲用することができます。母乳の出が良くない時や、風邪をひいて体調不良にかかった時などにも効果があります。

キャラウェイ

消化を助けてくれる働きのあるハーブで、食欲増進効果も期待できます。脂質の多い食事をとった後の消化サポートにも活用できます。

ラズベリーリーフ

「安産のハーブ」と呼ばれているハーブです。出産を楽にして、母乳の出を良くしてくれるので、授乳中の飲用に最適です。

ネトル

ビタミンや鉄分が豊富に含まれており、血液を造る作用があります。赤ちゃんの成長にはもちろん、お母さんの健康もサポートしてくれるハーブです。

フェンネル

別名「ウイキョウ」。魚との相性が良いので「魚のハーブ」という呼び名もあります。そんなフェンネルを授乳期に取ることで、おっぱいが出やすくなると言われてます。ただし子宮も刺激してしまうので妊娠している間は摂取しすぎないように。

フェヌグリーク

日本での呼び名は「コロハ」で、古代エジプトではすでに出産のためのハーブとして利用されていたことがパピルスに記されています。現在でもフェヌグリークは母乳での育児のためのサポートとして用いられています。

クリーバーズ

和名を「ヤエムグラ」と言い、体の中にため込んだものの巡りを良くするハーブです。乳腺が詰まってしまい母乳が上手く出ないときにも、クリーバーズを摂取することで体の巡りが整えられて母乳に良い影響を与えます。

ジンジャー

生姜は体を温め、新陳代謝や体の巡りを良くしてくれる代表的なハーブです。ホルモンバランスの乱れからくる産後の冷えと、それによって起こる母乳の出の悪さなど改善へと導いてくれます。つわりの時期のサポートにも。

摂取のタイミングと摂取量の目安

ハーブティーは薬やサプリメントとは異なり、お茶としていつでも口にすることができます。(ただし授乳中に適したものがベストです) コーヒーなどはカフェインが含まれている飲み物ですが、ハーブティーや専用茶ならたくさん飲んでも赤ちゃんに影響はなく、むしろミネラルやビタミンが成長をサポートしてくれます。

母乳の出が悪い場合は、お茶を濃いめに抽出して一日3杯以上飲むようにしてみてください。(無理のない範囲で問題ありません) ミネラルウォーターなどと交互に飲んでも良いのですが、濃いめの量を多めに飲むことで、母乳の分泌がうながされますので、できれば多めに飲むことをおすすめします。 摂取量については特に制限はありません。たくさん飲みたい時は、体がそのハーブを欲しているということなので、たっぷりと口にしてもOKです。

ただし万が一飲んでいて具合が悪くなった場合は無理をせず、お水やお湯などに置き換えるようにしてください。 また、赤ちゃんの母乳の飲み具合や母乳の出方によって、専用茶・ハーブティーの適量も変わってきます。毎日授乳量をみながら、状況に応じて飲料量を調整することもできます。

母乳不足に悩んでいた先輩ママの体験談

母乳とお茶の関係について、先輩ママたちが実際に感じたことや、飲んだ感想などについてご紹介します。

よく「母乳には温かいお茶がいい」と言われますが、冷たい飲みものが大好きだった私は、熱いお茶などは苦手でした。でも母乳の出が悪くて悩みを抱えていたところ、温かいお茶に変更してみたら、体がとても温まって、母乳の出も良くなりました。 体の中で血行や循環が良くなったのか、母乳がちゃんと出るようになって、子どももとても喜んでくれました。今までは、なんでお乳が出ないんだろうと悩んでいたのですが、冷たいものばかり飲んでいたからだと思います。私のように氷水や冷たい炭酸水が好きな人は、授乳中だけでも温かいものを飲むといいですよ。

妊娠前はコーヒーや緑茶のような、カフェイン入りの飲み物を頻繁に飲んでいましたが、授乳中は赤ちゃんにカフェインを与えるのはNGだと聞いて、ノンカフェイン・デカフェの飲み物に替えました。カフェインレスの飲み物は飲んだことがなかったので、いろいろと試した結果、ハーブティが一番口に合ったので、コーヒーがわりに飲むことにしました。> ノンカフェインでも十分美味しいですし、むしろカフェインを摂ったときの頭痛などがなくなるので、かえって体にはいいのかもしれません。母乳の質もとても良くなりましたし、赤ちゃんも満足してくれています。

母乳は体をめぐる血液からできるものなので、血液の「質」がとても大切だと思います。私自身、授乳中に胃腸炎にかかってしまい、食事が十分に摂れなかったので、自然に母乳が出なくなってしまいました。せめて飲みものだけはちゃんとしようと思い、授乳中に適した専用のお茶を飲み始めたのですが、数日経ってから母乳の出がとても良くなりました。赤ちゃんも久々の母乳に喜んでいたようで、ゴクゴク飲んでくれました。専用茶は妊娠中から授乳中のお母さんはもちろん、小さい子でも飲めるものなので、上の子も私と同じものを飲んでいます。

授乳が始まってからしばらくは母乳がちゃんと出てくれていたのですが、だんだん出が悪くなり病院の先生にも「母乳の出がよくないね~」と言われ、落ち込んでいました。いろいろと調べた結果、母乳にはお茶がいいらしいということを知り、専用茶を取り寄せてたくさん飲んで、体を温めながら寝るようにすると、胸がだんだん張ってきてたくさん母乳が出るようになりました。お茶なら無理なく取り入れられますし、体の水分不足を補うこともできます。子どもが卒乳してからも家族みんなで飲めるものなので、本当にお茶を飲むようになってよかったと思います。

実は私も、専用のお茶を取り入れていました。お茶は無理なく取り入れられますし、子供が寝た後のリラックスタイムにもぴったりでしたよ。卒乳した今も家族で愛飲しています。

有効成分を含んだ人気のハーブティーを5製品紹介

商品名 ミルクアップブレンド
価格 1,851円/1袋(2.5g×30包)
成分 フェンネル、フェヌグリーク、たんぽぽ(根)、レモンバーベナ、ネトル、クリーバーズ、レモングラス、 ジンジャー
特徴 授乳中のお母さんと母乳に良いハーブ8種を厳選して配合。
イギリスのハーブの専門家と授乳ケアの専門家が共同開発した日本で初の母乳での育児したいママをサポートするハーブティーです。ハーブの専門家が何度も日本を訪れ、授乳のために良いハーブの配合を試し、開発に9か月もの期間をかけて完成させました。日本国内の工場で製造とブレンドを行っており、原料に用いられているハーブは有機栽培認証を取得済みなのも安心できる点です。新鮮な状態で商品を届けるために、生産と出荷は少量ずつ行われています。

商品名 授乳・乳腺炎対策ブレンド
価格 3,980円/1袋(約1.5g×約45個)
成分 カモミール、アニス、フェンネル、キャラウェイ
特徴 「授乳・乳腺炎対策ブレンド」は創業1858年のドイツの老舗薬局、マリエン薬局が製造しているハーブティーです。母乳を作る作用や母乳の流れをサポートする高品質のフェンネルが配合されているので、授乳期に心配な乳腺炎や母乳不足の予防し、その回復を助けます。さらに消化不良への働きかけが期待できるアニスやキャラウェイ、心身をリラックスさせ胃腸と眠りを整えるカモミールなどが授乳期の体調を支え、質の良い母乳が出るために一役買ってくれます。ブレンドそのもが日本人の体質に合うように工夫されているのもポイント。
商品名 母乳の泉 赤ちゃんにっこりブレンド
価格 2,232円/1袋(25パック)
成分 レモングラス、ローズヒップ、ルイボス、ローズレッド、ゴボウ、ネトル、フレーバー
特徴 授乳中のお母さんが気になる母乳の出や質、乳腺炎。「母乳の泉 赤ちゃんにっこりブレンド」はそんな不安を解消するために作られたハーブティーです。レモンに似た風味を持つレモングラスが配合されているのでとても爽やかな味わい。飲みやすく、お茶のように日常的に続けられるのが特徴です。また、妊娠中や授乳中に必要なミネラルを豊富に含むルイボスや、さまざまなビタミンを持つローズヒップなど、お母さんと赤ちゃんにとって良い働きをするハーブがたっぷり配合されています。
商品名 授乳中のママブレンド
価格 1,782円/1袋(2g×30包)
成分 ローズヒップ、ネトル、ラズベリー、リーフ、フェンネル、ローズペタル
特徴 母乳をサポートする天然ハーブを5種厳選。その上でそれらをバランス良く配合したハーブティー。無香料・無着色で体に優しく、味わいは成分無調整でナチュラルです。
ハーブは、ビタミンCを豊富に含んだローズヒップ、ホルモンバランスの調整に適したローズペダル、スパイシーな香りを持つフェンネル、かすかな甘さのあるラズベリーリーフ、そしてさまざまな栄養素を含有したネトルを配合。
原料のハーブは90%以上が海外から輸入されたものですが、農薬検査などを経てしっかりと安全が確認がされているので飲んで安心です。
商品名 ミルクスルーブレンド
価格 1,851円/1袋(2.5g×30ティーバッグ)
成分 マリーゴールド、クリーバーズ、レモンバーベナ、エキナセア、スペアミント、レッドクローバー
特徴 全国の産院、約500院でも採用されている有機認定を受けたオーガニックハーブのみを原料としたハーブティー。英国ハーバリストによる共同開発が行われており、原料を直接輸入、JAS有機認定を受けた国内工場で製造しています。
ハーブは6種をブレンド。マリーゴールドとクリーバーズは体の巡りを良くし、レッドクローバーはお母さんの体調の変化をサポートします。また、レモンバーベナとスペアミントが配合されているから、香りが爽やかですっきりと口当たり良い仕上がり。

ハーブティー以外にもオススメしたいお茶

ルイボスティー

マメ科のルイボスという植物の葉から作られるのがルイボスティー。ルイボスに含まれるマグネシウム・カルシウム・カリウム・亜鉛・リンなどの豊富なミネラルが母乳の質を高めるほか、便秘に働きかけたり胃腸を整えたりします。紅茶に似た赤色をしており、かすかに甘みがあるのが特徴。カフェインを含んでおらず、タンニンも少ないので妊婦や乳児が飲んでも全く問題ありません。

たんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)

たんぽぽ茶は味がコーヒーに似ていることから「たんぽぽコーヒー」という名前で呼ばれることもあります。特に牛乳と混ぜるとカフェオレそっくりの味わいになり美味。授乳中にカフェインを摂取できないお母さんから重宝されています。原料はたんぽぽの根の部分。母乳が作られる上で不可欠なカルシウムやビタミン、鉄分などを豊富に含んでいます。特に母乳の出があまり良くないお母さんにおすすめ。たんぽぽ根には血行促進作用があり、体を温める効果が期待できます。

ゴボウ茶

ゴボウはポリフェノールの一種であるサポニンを豊富に含んでいます。サポニンには体内の血行を促進する働きがあり、母乳が詰まりやすいお母さんにもおすすめ。食物繊維もたくさん摂取できるので腸内環境を整えるなど便秘にも効果的です。ただし、サポニンは過剰摂取すると下痢や吐き気などを引き起こす原因になることもあるので飲み過ぎには注意が必要。味は最初に飲んだときやや癖を感じるかもしれません。

母乳不足解消におすすめ!
ママと赤ちゃんに優しいお茶ランキング>>

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング