これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド

「足りない?」という母乳不足の
心配をなくして楽しい子育てを

母乳が出る仕組み

どうして赤ちゃんを産むと母乳が出るようになるの?母乳が作られる仕組みを解説します。

産後のホルモンと赤ちゃんの吸綴で母乳スイッチがON

赤ちゃんの出産と同時に、赤ちゃんへ栄養を送っていた胎盤も体外に排出されます。それまでは体の中に豊富にあったエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが少なくなると、今度はプロラクチンという母乳の生成を促すホルモンが分泌され、体内で母乳を作る準備が整います。

さらに、赤ちゃんが乳首を吸うことで乳房全体が刺激を受けて、乳腺の中で母乳が作られて、乳管を通って外に出てきます。

赤ちゃんが産まれてすぐの頃は、ごく少量の母乳しか作られません。しかし、毎日赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、徐々にホルモンと母乳の量が増えていきます。

また、ある程度プロラクチンが増えると、今度はオキシトシンというホルモンが分泌されることによって、母乳があふれるように分泌される「射乳」という現象が起こるようになります。

赤ちゃんが乳首に吸いついて1~2分すると、乳房が張り、ツーンとした催乳感覚が感じられる場合もあります。

赤ちゃんをなるべく母乳で育てたいという場合は、

  • 「産後できるだけすぐから」
  • 「なるべくたくさんの回数」
  • 「夜中も3時間おきに」

赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうということが、母乳量を増やすことにつながるので、母乳育児を軌道に乗せるために何よりも大切なポイントです。

母乳はママの血液から作られる

授乳 イラスト母乳は、上記のホルモンに刺激され、母体の血液を主な原料として生産されます。

ママの血液がおっぱいへと運びこまれ、乳腺で母乳へと作りかえられます。母乳には血液中の栄養分や白血球は取りこまれますが、赤血球は取りこまれないため、母乳の色は白くなります。

生産された母乳は乳管を通っていったん乳管洞に溜まり、赤ちゃんが乳首を吸うことによって乳口から出てくるのです。乳腺は汗腺に似た形をしていて15~20個ほどあり、授乳中は大きく発達します。

ちなみに、妊娠前の胸の大きさは、もともとの脂肪量の違いによるもので、母乳の出にはあまり関係がないと言われています。

母乳に含まれるたんぱく質やアミノ酸の量は一定ですが、脂肪や糖分、ビタミン類などは、血液中の濃度によって母乳に含まれる量も変わってきます。そのため、授乳期はママの食事にも少し気を使う必要があると言えますが、あまり神経質にならなくてもOKです。

母乳の出に関しては、遺伝的なものというよりも、生物学的に乳腺が細かったり、乳口が開きにくかったりする場合もあります。

完全母乳で育てる!という気持ちはとても大切ですし、赤ちゃんにとっても良いことです。しかし、その意気込みがママのストレスにならないようにしなくてはいけません。上手に粉ミルクを使うことも、赤ちゃんとのハッピーライフを送る1つの手段とも言えます。

母乳を増やす方法と実践者の声・口コミ

母乳が出る仕組みは、赤ちゃんが生まれた後に体内で分泌される「プロラクチン」というホルモンの働きによるもの。そのプロラクチンが乳腺に働きかけ、母乳がつくられます。また、お母さんが赤ちゃんに対する愛情から自然とつくられる「オキシトシン」というホルモンも母乳を押し出す重要な役割を果たします。

ここからは、母乳があまり出ないとお困りの方のためにホルモンの働きを活性化させ、母乳を出しやすくする4つの方法をご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【1】水分補給

母乳の99%は水分でできています。赤ちゃんに母乳として水分が与えられていくため、水分補給もいつもより気を付けて行なわなければなりません。お母さんの体重にも関わってきますが、平均で2L程度は摂取すると良いでしょう。ノンカフェインでビタミンやミネラルの豊富な「たんぽぽ茶」や「ハーブティー」などの飲み物がおすすめです。

【1】水分補給の口コミ

ママ口コミ アイコンタンポポ茶はおすすめですよ!「飲めば母乳が出る」というわけではありませんが、水分補給にもなりますし、お守りのような感じで落ち着きます。母乳の出が悪くて泣いていたわが子には一回に3時間ほどかけて飲ませたことも…。夜中の授乳は、赤ちゃんが寝ていても、2~3時間おきに飲ませるようにしています。眠くて大変ですが卒乳までの辛抱です。頑張ってください。

ママ口コミ アイコンAMOMA(アモーマ) ミルクアップブレンドと、他社の母乳アップブレンドのハーブティーとを併用しています。今まで母乳が詰まるということがなく、ミルクスルーブレンドを飲まない期間があり、初めて胸にしこりができました。 おっぱいをさわると痛みがありました。500mlを2杯飲んでから痛みがありしこりのある胸を先に飲ませたところ、翌日の午前中に治りました。普段から飲んで予防するのが一番ですが、程度によっては私のようにできてしまったしこりが治ることもあるのかもしれません。

ママ口コミ アイコン娘が生後5ヶ月くらいのときに渡米しました。現地では和食ばかり食べるわけにはいかず、最初は母乳育児が続くか心配でした。いろいろ調べてたどり着いたのがルイボスティーでした。ルイボスティーを飲み始めてから、甘い食べ物や脂っこいものを食べたとしても、どんどん母乳が出るようになりました。夜間もたくさんでます。これ、おすすめです!今、娘は、生後13ヶ月になろうとしていますが、まだまだ母乳は、いっぱいでますよ。

【2】食べ物

母乳がよく出るようになる食べ物は、白米のほか、ゴボウやニンジン、レンコンなどの根菜類、白菜や大根などの冬野菜。甘いものが食べたくなったら、洋菓子よりもお餅やお団子、甘酒などの和菓子がよいとされています。

【2】食べ物の口コミ

ママ口コミ アイコン食事は、和食がよいみたいで、具沢山味噌汁や煮物、おひたしなどがよいですね。たっぷりの野菜と魚です。 母乳のたくさん出すために、一般的には「炭水化物を取る」「和食にする」「睡眠をよく取る」などと言われていますが、わたしの場合はチョコを食べていました。 ただ、新生児の頃ではなく、生まれてから半年経過したくらいのときに1~2粒ほどです。もちろんおっぱいが詰まりやすい人にはとても薦めできませんが、糖分を摂取することで疲労回復や精神を安定させる作用がチョコにはあるので、そのおかげで母乳の出がよかったと思っています。さすがにダイエットまではいきませんでしたけど・・・

ママ口コミ アイコン授乳中の葉酸の摂取は普通の人より多くする必要があります。きなこやカボチャなどに含まれますよ。 ほかにも、白味噌の汁に鯛を切って入れて炊いた鯛こくなどもよいといわれていますが、私は鯛こくを食べて大変効き目がありました。バランスの良い食事をする事が大切なのでしょうね。そして、母乳が出ないときも、赤ちゃんに乳首を含ませて上げることが、刺激になって母乳を良く出す一番の方法だと思います。

【3】おっぱいマッサージ

おっぱいマッサージは、乳管を刺激し開通させ、母乳の分泌を高めることで母乳の出が良くなることがわかっています。おっぱいマッサージは妊娠初期には行わないようにしましょう。はじめる時期は一般的に妊娠中期の20週から28週くらいとされています。個

人差があるので、はじめる時は医師や助産師に必ず確認するようにしてください。

【3】おっぱいマッサージの口コミ

ママ口コミ アイコンおっぱいマッサージは産前にしておくことをお勧めします。胸の乳腺を手でマッサージをしてから乳首をいろんな方向へ引っ張るイメージです。乳首が切れてしまう、ひっぱられて痛いということはありませんでした。一人で乳首引っ張って叫んでいる姿は自分でも滑稽だと思いましたが、産後はやっておいてよかったと思いました。

ママ口コミ アイコンおっぱいの付け根から手をぐるぐると動かして全体をマッサージ。さらに、手の平の下の部分で脇をくるくるとマッサージ。このようにおっぱいと脇をほぐしていきます。峪マッサージした乳首の周りをほぐして搾乳をしていきます。詰まった状態なので最初はあまり母乳が出ませんが、だんだん出てくるようになります。

ママ口コミ アイコンおっぱいマッサージは、お風呂入った時にやっていました。健診で「積極的にやってみてください」と言われてやってみたら母乳が出てきた…!全然不思議なことじゃないけど、まじまじと見たことなかったから驚いた。

【4】軽めの運動

母乳を出すためには軽めの運動も効果的。激しい運動ではなく、ストレッチやヨガなどをゆったりとした気持ちで行いましょう。窓拭きや床拭きなどの家事も良いでしょう。軽い運動は血の巡りを良くし、ストレスを発散してくれます。そうすることで、母乳が出やすくなるのです。

【4】軽めの運動の口コミ

ママ口コミ アイコン母乳が出なくなった時は、あまり思いつめずに一度自分の生活を振り返ってみるといいと思う。運動不足、睡眠不足が原因の場合もあるみたい。あとはマッサージ、授乳の回数を増やすのも効果的なんだそう。

質の良い母乳にするためには

赤ちゃんにとって最良の栄養源である母乳。ママはみんな、美味しく、質の良い母乳をあげたいと願っています。

そのためには、実は腸内環境を良くすることが欠かせません。腸内環境が乱れていると、排出されるべき毒素が腸内にとどまり、やがて血液へ流れ出します。

本来、体外に排出されなければいけない毒素が母乳に含まれていると、赤ちゃんがその母乳を不味く感じてしまうのです。

美味しく、質の良い母乳をあげるためには、ママの腸内環境を整えることが大切ということを、ぜひ覚えておきましょう。

質の良い母乳が
出るように
サポートしてくれる
お茶ランキング

関連ページ

母乳不足解消におすすめの
お茶3選