これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド

「足りない?」という母乳不足の
心配をなくして楽しい子育てを

対処法をチェック!母乳育児のトラブル対策

母乳育児中のママたちの多くが経験したことのあるおっぱいトラブル。痛みがあるほか、場合によっては高熱まで出るなどのトラブルを防ぐための方法や、トラブルが起きてしまった時の対処法とは?

2大おっぱいトラブルは「乳首の傷」と「乳腺の詰まり」

赤ちゃんとの楽しいおっぱいライフに水を差すかのように、突如として起こりうるのがおっぱいトラブル。

チクチクする違和感程度のものから、高熱が出て激痛を感じるものまで症状は様々ですが、これらのトラブルは大きく2通りに分けられます。それぞれの主な症状や原因、対処法を以下に記載しました。

乳首・乳頭周辺の傷

赤ちゃんに母乳を飲ませ始めた新米ママたちの多くが一度は経験するのがこの「乳首に傷ができちゃった」というお悩みです。

  • 主な症状
    乳首の亀裂や傷。「吸われると違和感を感じる」という場合から、「亀裂から血がにじむ」というものまで様々。赤ちゃんの噛み傷によるものは、傷口が深いケースもあります。
  • 原因
    赤ちゃんの吸い方が正しくない。
    乳房全体では無く、乳首の先部分だけに浅く吸いついていたり、赤ちゃんの顔がママの乳房に対し真っすぐ向いておらず、歪んだ状態で飲ませていたりする場合に起こりやすい。また、授乳開始したばかりのママは乳首の伸びが悪く、乳頭トラブルを起こしやすいと言われています。
  • 対処法
    傷口部分にランシノーやピュアレーンを塗って保湿し、ラップをかぶせて浸透を高める方法が一般的。再発を防ぐためには母乳の飲ませ方を見直すこと。

乳腺の詰まり

白斑や詰まり、しこり、乳腺炎などのトラブルは全て「乳腺に母乳が詰まった」ことで起こっています。詰まった場所や程度によって、様々な症状が出現します。

  • 主な症状
    母乳の小さな塊が乳腺に詰まり、母乳の流れを妨げる。それによって乳房内にしこりができたり、乳口に白斑ができたりして、痛む。特に白斑は赤ちゃんに吸われるときに強い痛みを感じることが多いようです。また、乳腺炎になるとしこり部分が熱を持ち、赤く腫れて激しい痛みを伴います。
  • 原因
    血行不良、赤ちゃんが飲む量と母乳生産量のアンバランス、ママの食事内容、赤ちゃんの飲み方の偏りなど、いくつかの要素が合わさって起こることが多いようです。また、ママが過度なストレスを感じている、疲労が溜まっている場合も起こりやすいと言えます。
  • 対処法
    赤ちゃんに正しい飲み方で吸ってもらう(いつもより頻繁に)ことが、最も効果的。その他、ママの血行改善(お風呂やエクササイズ、葛根湯)や食事内容改善(和食中心)なども効果が期待できます。乳房にしこりができて腫れて痛い場合は、キャベツの葉をしこり部分に貼るキャベツシップが良く効きます。それぞれの症状別の、詳しい対処法は以下のページで解説していますのでそちらも参考にしてみてくださいね。

二人目だけど母乳を出したい!対処法やコツをチェック

母乳育児に悩みは尽きないものですが、二人目になると母乳が出やすくなる人と、かえって出にくくなる人がいるようです。

お母さんの多くが、一人目と同じように二人目にも母乳育児をと考えていると思いますが、一体どのような方法でおっぱいが出やすくなるのでしょうか。

生活習慣と食生活は最重要課題

お母さんは赤ちゃんとの楽しい生活を送りつつ、一方で質の良い母乳を出すために生活習慣や食生活を整えていかなければなりません。

偏った食事や冷え症など、つい陥りがちな悪習慣を断ち切って、ご自身の体調維持と赤ちゃんの健康のためにできることを、コツコツと積み重ねていきましょう。

関連ページ

母乳不足解消におすすめの
お茶3選