これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド

「足りない?」という母乳不足の
心配をなくして楽しい子育てを

乳管閉塞

おっぱいにしこりを感じたり、飲ませてもおっぱいの硬さが取れなかったりする場合は乳管閉塞かも?!主な原因と対処法をまとめています。

乳管閉塞(詰まり)は母乳育児ママのお悩みNO.1

乳管閉塞とは、平たく言うと「母乳が乳腺に詰まっている」状態を指します。母乳の流れが悪くなったり、粘度の高い母乳が栓のようになったりして乳腺の内部に留まると、この「詰まり」が起こります。

軽い症状ですと、この詰まりが完全に乳腺を閉塞させないため、母乳が弱いながらも流れて乳口から出ますが、完全に閉塞してしまうと、生産された母乳が行き場をなくして乳房の中にたまり、しこりになってしまいます。

このしこりが長時間改善されず、細菌感染を起こしてしまうと乳腺炎へとつながる危険性もあります。

乳管閉塞は、母乳育児をしたことのあるママの中ではポピュラーなトラブルで、実に25%のママが「おっぱいが詰まった」経験があるそうです。そんな乳管閉塞(詰まり)の原因とは一体何なのでしょうか。

乳管閉塞の原因

  • 赤ちゃんの飲み方に偏りがある
    赤ちゃんがおっぱいを浅く咥える、つぶし飲みをしているなどの偏った飲み方を続けていると、つぶされている部分の乳腺に詰まりが生じやすくなります。
  • ママの血行が悪くなっている
    睡眠不足や日々のストレス、また授乳時の無理な姿勢などが続くと、ママの疲労がたまって血行が悪くなります。母乳は血液からできているため、ママの血行が悪くなると、母乳も流れが悪くなり、詰まりやすくなります。肩こりのひどいママも要注意です。
  • 母乳中の脂肪分が多い
    甘い物や脂っこい物、カロリーの高い物を過度に摂取することで、一時的に母乳中の脂肪分が高くなり、母乳がドロドロの状態になって乳腺に詰まってしまうこともあります。

詰まりやしこりの解消法は「瀕回授乳」と「血行促進」が効果大

おっぱいがちくちくするな?と感じたときは、乳管閉塞の危険サイン。悪化しないうちに早めに以下の対処法を行いましょう。

  • とにかく、頻繁に赤ちゃんに飲んでもらう
    詰まりやしこりを解消するためには、赤ちゃんに吸ってもらって詰まりを取るのが最も効果的な方法です。
    なるべくいつもとは違う方向から、可能であればしこりのある側が赤ちゃんの下唇側に来るように授乳しましょう。赤ちゃんは、口の下側でおっぱいをしごいて搾りだしているため、しこりのある部分から母乳を吸いだしやすくなります。もちろん、浅い吸いつきになっていないかは十分確認して、正しい飲み方で飲んでもらうようにしましょう。
  • ママの血行を改善する
    お風呂にゆっくりつかる、熱めのシャワーを肩甲骨あたりに当てる、肩をまわして軽いエクササイズをするなど、ママの血行を促進すると、母乳の流れが良くなり、詰まりが解消されやすくなります。
    また、ブラジャーはママのアンダーバストを締め付けすぎていませんか?ノンワイヤーの柔らかい物に変えると、圧迫されていた部分が解放されます。さらに、授乳前には乳房を、根っこのほうから揺り動かすようにして、母乳が流れやすいようにするとよいでしょう。
    ただし、自己判断でしこり部分をもんだりするのは、炎症を起こす危険性があるのでおすすめできません。
  • 脂っこい物を控える
    授乳中に脂っこい物や甘い物は厳禁!という指導がされることもあるようですが、好きな人にとって食べたい物を食べられないのはかなりのストレスになりますよね。
    授乳中だからと言って、脂肪分や甘い物を過度に控える必要はありませんが、自分にとっての「ボーダー」がどこか見極めることは大切です。
    「ちょっと食べすぎちゃったかな?」と感じた場合は、少し控えめにしてみるなど、自分のおっぱいの状態と相談しながら、無理せず母乳育児生活を続けましょう。

以上の3つを行っても改善が見られず、しこり部分の痛みが増してくるようでしたら、おっぱいマッサージに熟練した助産師さんの施術を受けることをおすすめします。

こまめな水分補給が重要

乳管閉塞を防ぐには上で紹介したことの他に、こまめな水分補給も重要です。水分を摂らないでいると血液がドロドロになりやすく、結果として母乳の詰まりを引き起こしてしまいます。

そうは言っても、毎回、水では味気ないですし、授乳中にカフェインが含まれているお茶やコーヒーは避けたいところ。糖分が含まれたジュースや清涼飲料水もベターとは言えません。

そこでおすすめなのが、このサイトでも紹介しているルイボスティーです。

化粧品メーカー・ポーラのグループ企業であるポーラ化成工業が、2013年にルイボスティーに関するプレスリリースを発表しました。ルイボスティーから抽出したエキスを8週間、経口摂取することで、毛細血管が伸び、機能改善も見られたという内容。

研究に使われたのはルイボスティーその物ではありませんが、ルイボスティーを飲むことで毛細血管が健康になり、体中の血行が良くなる効果も期待できます。

母乳が詰まり気味な方は、一度、ルイボスティーで改善を目指してみませんか。

乳管閉塞にも効果が期待できる
母乳育児をサポートしてくれる
お茶をランキングしました

関連ページ

母乳不足解消におすすめの
お茶3選