これって母乳不足?ママの「足りない」不安解消ガイド » 対処法をチェック!母乳育児のトラブル対策 » 乳首の痛みやキズ

乳首の痛みやキズ

授乳を始めたころのママにつきもののお悩み、乳頭亀裂、裂傷、白斑(はくはん)など乳首の痛みやキズの原因と対処法などをまとめています。

授乳をすると乳首が痛い場合の原因

母乳育児は、赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれることから始まります。おっぱいが吸われる刺激によってホルモンが分泌され、母乳が作られるようになるのです。

母乳を手で搾乳したことのある人なら分かるかと思いますが、搾乳で取れる分の母乳と、赤ちゃんが直接飲んでいる量はかなり差があります。赤ちゃんがおっぱいを吸う力というのはかなり強く、とても上手に母乳を搾り出して飲んでいるのです。

そのため、吸う力が強すぎたり、吸い方が浅かったりすると乳首や乳口部分が過度な刺激を受け、痛んだり傷ができたりしてしまうことがあります。

特に、授乳を初めて間もないうちは、お互いに正しい飲ませ方が分かっていないことが多いですし、ママの乳首も刺激に慣れていない状態のため、トラブルが起こりやすいようです。

赤ちゃんにおっぱいを吸われて「痛い!」と思った時は、乳首や周辺部に傷ができていることが、真っ先に考えられます。

乳頭部の裂傷や亀裂の対処法

新米ママの多くが一度は経験する、この「乳頭部の裂傷」は、赤ちゃんが正しいポジショニング・姿勢で母乳を飲めておらず、乳首に浅く吸いついたり、斜めに吸いついたりしている場合に起こりやすい症状です。ひどくなると乳首周辺に亀裂が入ったり、血がにじんだりすることもあります。

この状態で赤ちゃんに吸われるととても痛く、「母乳をあげるってこんなに痛いのか…」とくじけそうになったママも少なくないことでしょう。

乳頭部に裂傷が起きている場合は、まず患部を保護すること。ランシノーやピュアレーンなど赤ちゃんの口に入っても大丈夫な保湿薬を授乳後に塗布し、ラップなどで密閉することで回復を早めます。

とはいっても、裂傷が治るまでは痛みが続くため、そんなに耐えられない!という場合には、キズパワーパッドなどを患部に貼って授乳すると、痛みを感じにくいようです。

また、再発を防ぐために、赤ちゃんの飲み方をもう一度見直し、正しくおっぱいに吸いつけるよう調整することも大切です。

母乳不足解消におすすめの
お茶3選
母乳育児をするママにおすすめの健康食品ランキング